SSLとは?SSL対応のレンタルサーバーを比較!

レンタルサーバーにも色々ありますが、今回はSSLに注目して比較記事を作成してみました。
レンタルサーバーのサービスを比較していると、SSLと言う単語をよく目にします。
実はこのSSL、サイトの信頼性・安全性を高める場合は必須とも言える機能なのです。

SSLの基礎知識から、SSLでのレンタルサーバー比較まで!
SSLに関する情報をまとめてみましたので、サーバーを選ぶ時の参考にしてください。

SSLとは?分かりやすく解説します

SSLとは、Secure Sockets Layer の略で、個人情報やクレジットカード情報など、インターネット上で大切な情報を暗号化する技術です。
SSLを利用してパソコンとサーバ間の通信データを暗号化することで、第三者によるデータの盗聴や改ざんなどを防ぎ、安全なデータのやり取りを実現します。

セキュリティとして重要であるほか、サイトを利用しているユーザーにも信頼感と安心感を与えるため、現在ではSSL化は基本的になされていることが推奨されています。

SSL化を行うための請求書については有料・無料それぞれあり、認証レベルによってさまざまな種類があります。

証明書について詳しく解説し、比較した記事が下記にありますので、こちらも併せて読んでみてください。

SSLサーバ証明書が導入されたサイトの見分け方

確認するポイントは大きく2つです。

まずひとつは、URL欄の先頭が「https」で始まっていることです。
httpssは、SSLサーバ証明書を使用している(セキュアである)ということを意味します。

そしてふたつめは、ブラウザの鍵マークSSLサーバ証明書が導入されているサイトにアクセスした場合、ブラウザに鍵マークが表示されていることです。
また、この鍵マークをクリックすることで、証明書の内容を表示でき、有効期限切れになっていないかなどを確認できます。

共有SSLと独自SSLの違いとは?

SSL証明書について調べていると、レンタルサーバーのサービス内に共有SSL独自SSLのそれぞれに対応している表記があると思います。
レンタルサーバーでは、共有SSLを標準サービスとして提供されている場合が多く、独自SSLは有料オプションとして用意されている場合が多いです。

それでは、各特徴とメリット・デメリットを合わせて解説していきます。

共有SSLの特徴とメリット・デメリット

レンタルサーバーが取得代行したSSL証明書を、複数のユーザーと共有して使うため、制約があることも多いです。

メリットとしては、SSLサーバ証明書の取得や更新といった手続きが全て不要であることや、共有SSLを利用するのに料金はかからないことでしょう。
また、導入方法なども公開されているため、だれでも簡単にSSL通信を実装できます。

デメリットとしては、自サイト独自のSSLではないため、サイトシールが利用できません。
また、共有SSLはアクセスドメインが変わるため、ユーザに不安感、不信感を与える可能性があります。
そのほかにも他のSSL使用者と領域を共有しているため、使い方次第ではセキュリティ上の危険性もあります。

独自SSLの特徴とメリット・デメリット

独自SSLとはその名の通り、自身で独自に取得したSSLのことです。
自分のドメイン配下にSSL領域を作成することが可能なので、全て自分のドメイン配下に配置することができます。

メリットは、自分のドメイン上で完結するためユーザへ不安や不信を与えることがなくなります。
また、サイトシールの利用も可能で、SSLサーバ証明書による証明はサイトの信頼性を高めるとともに、コンバージョンの改善にもつながります。

ただ、デメリットも存在し、年間数千円から数万円単位での費用が発生します。
新規購入はもちろん、更新などでも煩雑な手続きが必要となるので、初心者だと内容を理解するのでも難しいかもしれません。

しかし、個人情報や大切なデータを取り扱う場合、独自SSLは必須というくらい重要なものなので、ECサイトなどを運営するのであれば、必ず導入するようにしましょう。

手軽に独自SSLが導入できるレンタルサーバー

手軽さと安定性に注目し、独自SSLが使えるおすすめレンタルサーバーをピックアップしました。
全て国内業者のサーバーですから、信頼性も高いと言えるでしょう。
是非、SSL対応のレンタルサーバーで重視した際にサービス選びの参考にしてください。

エックスサーバー


エックスサーバー
初期費用月額費用転送量
3,300円990円~150GB/日~
月額費用は最安プラン。

メイン認証型SSLが無料・無制限で利用可能!

全プランで無料・無制限で独自SSLを利用することが可能です。
SSL証明書のインストール作業は自動!
導入の初期費用・月額費用は掛からず、オプションの独自SSLも年額1,000円から利用可能。手軽さ重視ならオススメです。

CPIレンタルサーバー


初期費用月額費用ディスク容量
無料3,800円~500GB※
月額費用は最安プラン、初期・月額費用は12ヶ月支払い
※容量内訳はウェブ300GB、メール200GB

有料オプションでも、SSL対応をすれば運用体制は盤石!

メールアカウント・転送量・マルチドメイン・MySQLが全て無制限と言う強みを持っています。
共用サーバーで使用できるSSLサーバー証明書は、CPI独自のもの・セコムパスポート・デジサート・ジオトラスト・グローバルサインの5つです。

関連記事

WordPressでブログを始めるのにおすすめのレンタルサーバーを比較!かかる料金や無料ブログとの違いも解説

ブログの運営であれば「無料ブログサービス」がありますが、レンタルサーバーでブログを構築・運営することと比較すると、さまざまなデメリットがあります。もし長期で本格的にブログ運営をしていくのであれば、レンタルサーバーの方がおすすめです。本記事ではその理由について、解説していきます。
2024年3月11日

VPS徹底比較!ゲーム・FXなど用途別に安くて便利なサービス紹介やAWSとの違いなどを解説

VPSとはインターネット上にサーバー環境を構築して利用することのできる技術です。これまでのレンタルサーバーは共用が多く、専用サーバーを借りる場合はコストがかかっていましたが、VPSの登場によってサーバーがさらに使いやすくなりました。本記事ではおすすめのVPSを紹介していきます。
2024年3月11日

【2023年最新】インターネット回線比較!光回線・モバイル回線の特徴からおすすめのサービスを紹介

インターネットは今や生活の必需品です。例えば、外出先でちょっとPCからネットにつないでレンタルサーバーを操作したいときなどポケットwifiがあれば便利ですし、家の回線もなるべく快適なものを使用したいところ。本記事ではプロバイダーを比較し、おすすめのサービスを紹介します!
2024年3月11日