SSL証明書を比較!有料と無料の違いと、おススメの証明書取得サービスを紹介

SSL証明書とは?

SSL証明書とは、ドメイン所持者が実際に存在することを証明する電子署名のことです。

また、通信を暗号化することで盗聴などを防ぐ、セキュリティとしての役割を持っています。

SSL証明書で認証されていないサイトは実在しない企業が運営している可能性があるなど、信頼性に欠けているように見えてしまいます。
実際フィッシング詐欺を行うサイトが認証されていなかったこともあっため、SSL認証されていないサイトに関しては疑った方が良いとも思われています。

そのため、サイトの運営を行う以上、SSL証明書の取得は必須級となっています。

SSL証明書の認証レベル

SSL証明書には、ドメイン認証型(DV認証)、法的実在証明型(OV認証)、物理的実在証明型(EV認証)と、3段階の認証レベルがあります。

DV認証はメールでの確認と認証を行う最も簡易的なものです。個人でも利用しやすく、暗号化通信にも対応しています。

次にOV認証は企業向けの認証であり、第三者によるチェックや電話による直接的な確認が行われたうえで、認証されるものです。
企業では最低限必要なものであり、ユーザー情報を収集する場合には信頼性を担保する必要がありますので、企業の公式ホームページを運営するときには、こちらの認証方式を取ることをおすすめします。

最後に、EV認証はOV認証の方法に加え、登記の確認など、法的な登録情報も確認されたうえでの証明になります。
信頼度としては最も高いものになるので、サイト利用者の情報の中で、氏名や住所、クレジットカード番号などの重要な個人情報を管理する必要がある場合には、こちらの認証方式をとっておく必要があります。

このように3種の認証レベルがありますが、どの認証を行うかどうかは、運営するサイトの目的に応じて、取得するようにしましょう。

SL証明書は無料と有料のどちらがいい?

SSL証明書には「Let’s Encrypt」という無料で取得できるDV認証のSSL証明書があります。
そのほかにも色々と無料のSSL証明書がありますが、おそらく一番利用されているものがこちらです。

基本的な機能は変わりませんが、更新方法や利用できる期間が異なっています。

まず、更新方法について、有料のSSL証明書であれば、レンタルサーバー業者やSSL証明書の販売業者に更新の連絡と支払いを行うだけで、設定から更新を行ってくれますが、Let’s Encryptは自身で更新する必要があります。

Let’s Encryptの更新は自動で行うこともできますが、ブラックリスト入りしてしまうと、認証が更新されないこともあります。
そのほかにも、Let’s Encryptは寄付によって成り立っているサービスであるため、いつ終了してしまうか、わからないというリスクも存在します。

そして、Let’s Encryptは最大90日間の利用までとなっており、その都度更新が必要になります。
自動更新が行われていれば、この期間については気にしなくても問題ありませんが、何か問題が起きたときの対応が必要となります。

なお、有料のSSL証明書は2年間の利用となっていますので、その間は何も設定する必要はなく、途中で終わってしまう心配もありません。

個人で利用するのであれば、無料のSSL証明書であるLet’s Encryptでも問題ないと思われますが、企業の場合はなるべく有料のSSL証明書を使うようにしておいた方が安全です。

有料SSL証明書の違い

有料のSSL証明書にはシマンテックやジオトラストなど、それぞれの認証局で出されているものがあります。 認証方法は、先に述べた通りの3種類しか存在しないため、SSL証明書の違いは「サービスの質」になります。

例えば、ジオトラストの証明書には、用途別にさまざまなプランが存在し、また無料期間があるなどのサービスがあります。 これに対してシマンテックの場合は、高いセキュリティレベルの証明書のコストが低いという特徴があります。

有料SSL証明書を選ぶときは、必要としている条件に対するセキュリティの証明書を取り扱っているかどうかと、付属するサービスとコストを踏まえて選ぶようにしましょう。

SSL証明書販売サービス2選

SSL証明書を購入できるサービスを提供している事業者は「KDDIウェブコミュニケーションズ」と「SSLボックス」の2社になります。
特にKDDIウェブコミュニケーションズは「CPI」という法人向けのレンタルサーバーも運営しているため、提供しているSSL証明書もそのサービスに伴って、高セキュリティのものをお得な値段で販売してくれています。

キャンペーンが行われていることもありますので、購入の際はそちらも踏まえて選ぶようにしましょう。

KDDIウェブコミュニケーションズ


契約期間年額費用発行速度
1年ごとの更新15,000円〜
(キャンペーン価格)
1~2営業日※

デジサート、ジオトラストSSL証明書が特別価格で購入・更新可能!

キャンペーン実施中!さらにお安くなりました。
ジオトラストのSSL証明書ならば、同じコモンネームのサーバーならば何台でも利用可能!
PCは勿論、スマートフォンや携帯電話でもSSL通信が可能なので安心!

SSLボックス


契約期間年額費用発行速度
1年〜4年1,350円〜即時〜1日

世界的なジオトラスト事業部提供のSSL証明書サービス

コストはギリギリまで抑えたい!という方にお薦め。
ネットオウルポイント対象サービスなので、ポイントを持っている人は利用料金の10%まであてられます!

関連記事

SSLとは?SSL対応のレンタルサーバーを比較!

レンタルサーバー初心者向けに「SSL」を解説した記事です。SSLの概要や用途、SSL証明書の解説や取得方法などの基本情報を始め、SSL対応のレンタルサーバーの比較結果もまとめて掲載中。個人情報や金銭を取り扱うサービスのサイト運用担当者は要チェック!
2021年6月25日

BCP対策はクラウド?ファイルサーバー?ハウジング?必要な機能からサービスを選ぼう

自然災害などが起きても事業を続けられるように「BCP(事業継続計画)」への対策を行うことは重要です。昨今では業務のほとんどにITが関わっていることから、IT-BCPというようにIT向けの対策も策定されています。本記事ではBCP対策にレンタルサーバーなどがどう活用できるかを解説します。
2021年8月26日

FTPサーバーとは?仕組みと使えるサーバー業者を紹介

FTPというデータ転送の仕組みをご存知でしょうか?サイト作成を行う際、事業者からも提供されるサービスとしてあるのですが、昨今ではWordPressで簡単に更新できてしまうことから、それがどうして必要なのか、意外と知らない人も多いかもしれません。その内容を解説していきます!
2021年7月29日