ECサイト・ネットショップ向きサーバーを比較!

ECサイト・ネットショップを始めるには?

「ECサイト」もしくは「ネットショップ」とも呼ばれますが、インターネット上で通信販売ができるホームページを独自に運営するには、レンタルサーバーやホームページ作成サービスを利用する必要があります。

ただ物を売るだけであれば、楽天市場などの「ショッピングモール」やメルカリなどの「フリマアプリ」がありますが、登録手数料やブランディングという面を踏まえると、本格的な通信販売を行うのであれば、自分自身でサイトを立ち上げた方がコスト・効果の面でも効果的です。

それでは、どのようなサーバー・サービスを選べばいいのか。
既存のショッピングモールなどとのサービスとも比較して、おすすめのサービスを紹介していきます。

ショッピングモールやフリマアプリとの違い

まず、商品を企業の運営する通販サイトに出品する形の「ショッピングモール」や個人で売買の取引ができる「フリマアプリ」と、レンタルサーバーやホームページ作成サービスを利用してオリジナルのサイトを作ることの違いを見ていきましょう。

今回はそれぞれの違いについて、5つのポイントから比べてみます。

  1. 商品を実際に出品したときの売りやすさ
  2. 設定や出品などの手続き、デザイン変更などが行えるかという使いやすさ
  3. 開始するまでの手間がどれだけかかるかという始めやすさ
  4. 運営・継続するためにかかるコスト
  5. 認知度を高めるためのブランディング効果

この点を踏まえると、次のようになります。

種別ショッピングモールフリマアプリレンタルサーバーHP作成サービス
売りやすさ
使いやすさ
始めやすさ×
コスト×
ブランディング××

ショッピングモールはコストが高く、参加難易度が高い

楽天やYahooなどが提供するショッピングモールへの出品は、サービス元々の認知度も高いためにショッピングサイトに訪れる人も多いので、他の方法に比べると商品の売れやすさは高くなるでしょう。
また、出品するための操作なども元から備わっているので簡単です。

ただし、参加するために「月商100万円以上」などの条件があったり、システム利用料や出店料に月々数万円のコストがかかってきます。

そのため、条件・コストの面から個人で出店するようなものではなく、ネット通販を事業として既に行っている人が利用するものになるでしょう。
例えば、オリジナルサイトでの売れ行きが良くないために、薄利多売でもいいから一時的に出品するといった考えで使うこともできるかもしれません。

ほかにも、結局は「ショッピングモールに出店している業者のひとつ」としか見られないため、認知度の向上・ブランディングには使えないと考えた方が良いでしょう。

無料で使いやすいが、競争の激しいフリマアプリ

メルカリなどのフリマアプリの最も良いところは、やはりコストがかからない点になるでしょう。

購入希望者とのやりとりもアプリ内で済ませることもできるので、使いやすさも群を抜いています。

デメリットとなる点とすれば、売れる商品が一気に出てきたり、価格が大きく変動したりと競争が激しくなって、商品が売れにくくなる場合がある点です。

ショッピングモールのように管理されているのではなく、またオリジナルサイトのように独占で販売しているわけでもないので、個人による販売競争は予想もつきません。

そう考えると、ネット通販の中では大きく売ることは難しい方になるでしょう。

低コスト+自由に使えるが、慣れる必要があるレンタルサーバー

コストとサイトの自由度で言えば、一番なのはレンタルサーバーになります。
月額数百円から始めることもでき、サイトのデザインも自由に変更は可能なため、ブランディングの面でも優れています。

しかし、「EC-CUBE」や「WordPress」といったCMSでサイトの作成は簡単になったものの、それでも他のサービスに比べると難しいと感じてしまうかもしれません。
サイトを作って、ショッピングカートのシステムを入れて、集客するためにSEO対策を行って……とサイト運営に関する手間はかかります。

ただ、一度上手くいけば、ショッピングモールを利用するのと同等の効果まで期待できます。
コストも非常に少ないので、お試しで通販サイトを始めるにしてもベストな方法とも言えるでしょう。

オリジナル性には少し欠けるが、バランスの取れたHP作成サービス

ホームページ作成サービスとは、パズルのようにサイトのテンプレートや機能を組み合わせて、簡単にサイトを作ることができるサービスです。
中には通販サイト用の機能が充実している「ショッピングカートASP」というものもあるので、契約してすぐに始められる手軽さも特徴のひとつ。

レンタルサーバーほどの自由度はありませんが、それでもデザインや機能をある程度カスタマイズすることができます。
ただ、あくまでサービスで提供されている範囲内でのカスタマイズですので、見た目のオリジナル性には少し欠けてしまうでしょう。

そして、月額料金が1,000円弱かかり、レンタルサーバーよりは多少コストは大きくなってしまいます。

それでも、SEO対策などのオプションが含まれていることも多いので、サイト作成の経験がなかったり不安だったりする人にとってはオススメです。

サービスを選ぶチェックポイント

ECサイトやネットショップを運営する際、顧客とのやり取りはもちろん、個人情報を取り扱う必要もあります。
そのため、ECサイトやネットショップを運営するためのサービスを選ぶときは「セキュリティ」「機能性」「転送量」の3つに注意する必要があります。

特にレンタルサーバーを使ってのサイト運営を行う際には注意しておきたいポイントです。
他のサービスでは初期で備わっているものの、レンタルサーバーに関しては自分で設定することも多いため、時にはオプションという形になっていることもあります。

そのため、有料オプションなのか、どこまでの制限があるのか、などは先にチェックしておきましょう。

それでは、どうしてこの3点がチェックすべきポイントなのかを解説していきます。

顧客情報管理のためにセキュリティは重視!

ECサイトを運営するためのレンタルサーバーを選ぶ際、真っ先にチェックするべきポイントがセキュリティです。
特に顧客の個人情報保護のため、SSL対応は必須になります。

また、レンタルサーバー側のセキュリティ体制も、できるだけしっかりした会社を選ぶことが重要です。
悪意のあるアクセスに対してのセキュリティ機能があるレンタルサーバーだと、より安心して利用できます。

ECサイト・ネットショップ作りに適しているかの機能性

ネットショップには、決済や商品の検索、顧客情報の管理などさまざまな機能が必要になります。
WordPressを利用してECサイトを作成することも可能ですが、プラグインを入れたり、問い合わせフォームを導入したりと、サイト作りに慣れていない方だと少し難しいかもしれません。

CMSの中でもECサイト向けのものもあるので、そちらが導入できるとより管理しやすくなるでしょう。

また、先にも述べましたが、ホームページ作成サービスを利用する際は、ショッピングカートなどのEC向け機能があるかどうかには注意しておきましょう。

沢山のアクセスにも耐えられるだけの転送量

商品の人気によっては、途端にアクセスが増えたりする可能性もあります。
少ない転送量だとユーザーがサイトにアクセスできなかったり、決済時にエラーが起きてしまったりなどの問題が起きてしまうかもしれません。

ホームページ作成サービスでも値段の高いプランにすると、転送量が無制限になるものもあります。

季節ものの商品を取り扱うときは、その時期になるとアクセスが増える傾向もあるので、掲載する商品のことを踏まえたうえで、どの程度の転送量ならばマッチするかを検討しておきましょう。

ECサイト・ネットショップにおすすめのサービス

ロリポップ!レンタルサーバー


初期費用月額費用SSD容量
1,500円100円最大400GB
月額・初期費用は最安プラン、容量は最大プランの内容

転送量無制限の高性能サーバー!電話サポート利用可能!

低価格で豊富な機能と充実のサポート。人気のWordPressも簡単インストールに対応!
CGIやPHPの他、MySQL5、cron、SSH、共有/独自SSLなど機能面・セキュリティ面も充実しており、自由自在なサイト作成が可能になっています。

カラーミーショップ


初期費用月額費用容量
3,000円※3,000円~最大100GB
※フリープランの利用時には初期費用は発生しません。
月額・初期費用は最安プラン、容量は最大プランの内容

完全無料でネットショップの開設も可能なフリープランあり!

全体的にコストは高めですが、完全無料でネットショップが開設できる「フリープラン」もあるので、本格的に始める前に小規模で試してみても良いでしょう。
また姉妹サービスである「グーペ(Goope)」とも連携できるので、グーペを使ってサイトを運営している人も、カラーミーショップと連携することでECサイト化することが可能です!

ジンドゥー(Jimdo)


初期費用月額費用容量
無料965円~無制限
※容量無制限はクリエイターコースのBUSINESSプラン以上から
初期費用は全プラン無料、月額費用は有料プラン最安値

AIが自動でページを作成!簡単に綺麗なホームページが作れる

Jimdo(ジンドゥー)は、KDDIウェブコミュニケーションズが提供するホームページ作成サービスです。
サイト作りが初めての人でも選択肢を選ぶだけでページが作れる「AIビルダー」が特徴的。
HTMLやCSSでのカスタマイズもできるので、経験者でも非常に使いやすくて高性能のサービスになっています!

目的に合ったサービスを選ぶことが重要

ECサイトやネットショッピングはあくまでもビジネスとして運営するものであるため、その規模や収益などによってかけられる予算や必要な機能が大きく変わってきます。

そのため、ご自分の目的に合ったサービスがどれで、どのような状況になったら別のサービスに乗りかえるかといった中長期的な視点を持ちながら、利用するサービスを決めていく必要があるでしょう。

これからECサイトやネットショップを開業しようとする方は、まず現在のご自身の状況と照らし合わせ、最適なレンタルサーバー・サービスをじっくり検討することからはじめてみてはいかがでしょうか。

関連記事

ゲーム向けレンタルサーバー比較!VPSでマルチプレイを楽しもう

ゲームのマルチプレイを行う際におススメのレンタルサーバー業者をご紹介!人気ゲームのマインクラフト(Minecraft)やアーク(ARK)をプレイするならココ!価格やスペック、オマケなどさまざまな点から比較して、どこがオススメかをお伝えします。
2021年6月21日

専用サーバーと共用サーバーの違いは?機能面のメリット・デメリットや価格の違いなど比較

専用サーバーと共用サーバーのどちらが良いのか、用途によってどちらを使った方が良いかが決まります。まずはサービスの違いから、どのようなメリット・デメリットがあるのかを知ったうえで、どちらのサービスが自分に合っているのかを選ぶようにしましょう。
2021年7月20日

オススメの格安レンタルサーバーは?初期費用無料や月額料金からコスパで比較

個人向けにもオススメできる格安レンタルサーバーの比較情報をまとめた記事です。月額費用がワンコイン(500円)で収まるレンタルサーバーを対象に、機能や費用の比較一覧を掲載中。この記事を読んで、貴方が求めるレンタルサーバーを見つけてください!
2021年7月13日