法人向けレンタルサーバーを比較!ビジネス利用でおすすめのサーバーは?

法人向けレンタルサーバーの特徴

法人向けレンタルサーバー」と呼ばれるものには特徴があります。
通常であれば、レンタルサーバ―はサイト作成ならびに運営をするために使われるものですが、ビジネスではそれ以外の使い方することもあります。

例えば、メールを保存するためのメールサーバーだったり、社内データをやり取りするためのオンラインストレージとしても使うことができます。

その場合、重要視されるのはデータが安全に保管されることでしょう。
そのため、法人向けレンタルサーバーは高水準のセキュリティが標準で提供されていることも多いです。

また、大容量・広帯域であることも多く、アクセスが集中するようなサイトを運営することにも向いています。
大規模のECサイトだったり、合格発表を行う大学のコーポレートサイトなどが例になるでしょう。

他にも、稼働率については注目されます。
サーバーが止まってしまうと、メールが送受信できなかったり、サイトにアクセスできなくなってしまいます。

これによって、業務に支障が出たり、やサイトに訪れるユーザーにも迷惑がかかるため、管理が万全でほぼ稼働し続けているサーバーの方が安心です。

このように高セキュリティ・高性能・徹底管理のレンタルサーバーが主に法人向けとされています。

今回はインターネットをビジネス利用する方に向け「どんなサーバーを使ったら良いか?」に注目したいと思います。

法人向けレンタルサーバー選びの5つのポイント

法人向けサーバーとされるサービスは基本的にハイスペックなものが多くあります。

しかし、実際に使ってみると用途に合わなかったり、管理することが難しかったりとビジネス利用においては選ぶ際には注意が必要です。価格や機能だけでなく、さまざまな面からしっかりチェックしなければいけません。

それでは、法人がレンタルサーバーを選択する上で注意すべき5つのポイントをご紹介していきたいと思います。

ポイント1:サーバーの種類

まず一番初めに説明するのはサーバーの種類についてです。

多くの法人は「共有」「専用」のどちらかから選択しているようですが、共用サーバーと変わらないコストで専用サーバー並みの自由度を持てるVPSサーバーを選択する法人も増えています。

ただし、VPSサーバーは専用サーバーほど管理を運営会社にお任せできるものではありません。
一部の設定は自分で行う必要が多く、VPSサーバーを利用する場合はある程度サーバー操作ができる社員が必要となります。

社内の体制を鑑みた上で、サーバーの種類を選択するようにしてください。

ポイント2:サーバー稼働率

サーバーが正常に稼働している割合を示すサーバー稼働率。

レンタルサーバーを選択する際、どうしても100%99.99%という数字だけに気を取られがちになってしまいますが、重要なポイントはその数字に伴いどれだけ機能が制限されているかです。

サーバーの稼働率

例えば、低コストで稼働率100%を達成しようとすれば、その分で利用できる機能も制限されたり、転送スピードが落とされてしまう可能性が高くなります。
サーバー稼働率をチェックする時には必ず機能や転送スピードなども併せてチェックしてください。

ポイント3:機能とコストのバランス

レンタルサーバーを選択する上で、機能とコストのバランスをどう取るかもポイントとなります。

法人サイトにはそれほど多くの訪問がないからという理由で「なるべく安いプランを選びたい」という方も多いかと思います。

しかし安いプランを使っていた為に、容量の関係でサーバーダウン遅延につながる場合があります。
個人では「最近メールなんて使わない」なんて声も聞きますが、ビジネスでのメール利用はまだ需要があります。

サーバーに遅延が発生すれば、ほとんどの場合、メールサーバーにも遅延が発生します。
サイト訪問者が少し減ったぐらいでは業務に支障がなくとも、メールが使えないと即座に大きな支障が出ます。
こういったトラブルを避けるためにも、機能とコストのバランスはうまく取ってください。

ポイント4:セキュリティ対策

セキュリティ対策

さまざまな法人、個人が利用するレンタルサーバーにおいては、セキュリティ対策ができる限り万全な会社を選択することが重要です。
しかし、どんなに万全の対策をしていたとしても100%防ぐことはできないのが現状です。

では、セキュリティ面でどのような事を基準にしたらいいんだろう?と言う話になりますが・・・
チェックすべき点は、万が一何かが起きてしまったときにどれだけスピーディーに解決できるかということです。

しかし、公式サイトを見ても具体的に説明が載っているところは少ないです。
サーバーを選ぶ際は、今までの事例や対処法などを予め電話で確認することをおすすめします。

ポイント5:サポートの充実度・対応の質

いくらサーバー上級者であっても、システムトラブルに困ることはもちろんあります。
トラブルが起きた時にどれだけ迅速な対応ができるかは、レンタルサーバーを選択する上で重要なポイントとなります。

特に初心者の場合だと、頼れる人が近くにいない時のサポートセンターは大変心強いものです。

サポート電話の対応時間や曜日が限定されていては、土日や夜間にトラブルがあった際に取返しのつかないことにもなりかねません。
メールサポートは、24時間365日受け付けているサーバーがほとんどですが、実際に返信がくるのは営業日のみというケースばかりです。
※緊急用ではないですね。

こういったことから、電話サポートが夜遅くまで&土日対応可能だと、私達は安心して利用していけますよね。
サーバーを選ぶ際は、どういったサポートをしているかのチェックも忘れないようにしましょう。

おすすめの法人向けレンタルサーバー3社

法人向けレンタルサーバーとして特に人気が高いのが、KDDIウェブコミュニケーションズの「CPIサーバー」、富士通グループの「ニフクラレンタルサーバー」、NTTスマートコネクトの「スマイルサーバー」の3つです。

安心・安全の運営元と、セキュリティやバックアップなどビジネス利用に特化したサービスから法人用として多く利用されています。

それぞれの特徴を簡単にまとめましたので、参考としてみてください。

CPIレンタルサーバー


初期費用月額費用ディスク容量
無料3,800円~500GB※
月額費用は最安プラン、初期・月額費用は12ヶ月支払い
※容量内訳はウェブ300GB、メール200GB

ビジネス(法人)利用にもおすすめ!安心・安全な環境を徹底完備

KDDIウェブコミュニケーションズが運営するCPIレンタルサーバーのシェアードプラン「SV-Basic」は安定・安心な環境にこだわったレンタルサーバーです。
サーバーやドメイン、容量やメールサーバーあらゆる面で快適に利用できるサービスを提供してくれているので、ストレスのない快適な環境でwebサイトの運用が出来ます!

ニフクラレンタルサーバー


初期費用月額費用ディスク容量
5,500円3,080円~315GB※
月額・初期費用はオプション無しの価格
※HDD容量内訳:Web用300GB、メール用15GB メールディスクの追加も可能

富士通グループ運営のもと、安心の運用・サポートが受けられる!

設定方法や活用方法に関する分かりやすいマニュアルが用意されているので、初めての利用でも安心して利用出来ます。
サポートはメール・電話(受付時間:平日 9:00~17:45)に対応しており、またバックアップ機能やファイル更新通知機能も標準搭載となって、さらに安全なレンタルサーバーとしてパワーアップしました!

スマイルサーバ


初期費用月額費用ディスク容量
無料3,100円~400GB
月額・初期費用は最安プラン、容量は最大プランの内容

NTTスマートコネクトが運営する信頼と実績のあるサーバー!

「スマイルサーバ」はベーシックプランに加え「ドメイン取得/維持管理」「SSLサーバー証明書」が全部セットになった、常時SSL化向けのSSLセットプラン(4,000円)を用意。
NTTグループの高度なセキュリティ環境を備えたデータセンターを利用し、万が一に備えたデータのバックアップも実施しています。
特に「安心」「信頼」を重視している企業におすすめのレンタルサーバーです。

コストだけを意識せず柔軟な選択が重要

法人である以上、予算が第一ではあるものの、そこばかりを意識するとトラブルなどが頻発し、かえってコストがかかってしまうリスクを抱えてしまいます。
特にセキュリティとサポート対応に関しては、多少割高であっても十分な体制を取っているレンタルサーバーを選択することが、結果としてコストを抑えることができるといえるでしょう。

法人向けレンタルサーバーを探すときの参考としてください。

関連記事

ARK(アーク)向けレンタルサーバー比較!国内VPSを使った方が良い理由とは?

ARK: Survival Evolvedはゲームの世界で本格的なサバイバルを体験できるゲームです。マルチプレイもでき、沢山の人と一つの島を開拓できます。そのために必要なサーバーはどこがオススメか、選ぶ際のポイントも紹介していますのでぜひ参考にしてください。
2021年6月18日

WordPress向けレンタルサーバー比較!オススメサーバーや選ぶポイントを解説

WordPress向けのおすすめレンタルサーバーの比較情報をまとめた記事です。レンタルサーバーでWordPressを使う際におさえておきたい比較ポイントや、機能や費用の比較一覧を掲載中。この記事を読んで、貴方が求めるレンタルサーバーを見つけてください!
2021年6月16日