法人向けレンタルサーバーを比較!ビジネス利用でおすすめのサーバーは? | 【2022年最新】100社レンタルサーバー比較

法人向けレンタルサーバーを比較!ビジネス利用でおすすめのサーバーは?

どうして法人向けレンタルサーバーが必要になるのか

昔に比べると、インターネットを介しての業務が増えてきた中、自社メールやデータの管理・やり取りなどの都合でサーバーが必要になるシチューエーションは多くなっていると言えるでしょう。
また、自社商品の通販サイトや、ホテルの予約サイトを運営するというように、インターネット上でサービスを提供する企業もあります。

このような場合、自社でサーバーを準備するということもありますが、サーバー設置に適したスペースや専門の管理担当者が必要となるなど、運営する規模に対してコストの面であまり効率的ではないこともあるでしょう。

そこで、サーバーをレンタルするという選択肢が生まれ、その中でも企業利用にマッチした「法人向けレンタルサーバー」があります。
法人向けレンタルサーバーを利用するメリットとしては、サービス事業者による徹底した管理や高いセキュリティがあることや、会社の事業規模に合わせられるほどのスペックを有していることが挙げられます。

このように、「法人向けレンタルサーバー」は、自社でサーバーを運用するよりもコストを抑えて、メールサーバーやホームページ用Webサーバー、社内用オンラインストレージといった用途に活用されています。

法人向けレンタルサーバーは個人向けと何が違う?

個人向けレンタルサーバーとされているサービスの中にも「ビジネスプラン」や「エンタープライズプラン」というように、法人向けのプランを用意しているところもあります。

それであれば「法人向けレンタルサーバーではなくとも、法人向けプランを使えば良いんじゃないか?」と思われるかもしれませんが、一部異なっている箇所があります。

基本的に「法人向けプラン」とされているものは、企業が大規模なサイトを運営することを目的にしたものが多く、そのため大容量・高スペックである程度のセキュリティサポートがついたプランになっています。

対して「法人向けレンタルサーバー」の場合は、セキュリティや稼働率などの安定性をより重視しており、サーバースペックのみで見ると法人向けプランに多少劣ってしまっている点があります。

これは用途の違いによるもので、大規模サイト運営を目的とする法人向けプランに対し、法人向けレンタルサーバーと呼ばれるものは「メールサーバーとしての利用や信頼性を求められるコーポレートサイトの運用など、企業が運営していくのに必要なサイトや機能を安定・安全に使えることを主な目的としている」ためです。

セキュリティ面で見ると、法人向けプランにもバックアップ機能などが備わっていますが、やはり大本は個人向けレンタルサーバーであるので、セキュリティや安定性に特化した法人向けレンタルサーバーにはその点で見劣りしてしまうところもあります。

高セキュリティ・高性能・徹底管理で安定しているレンタルサーバーが主に法人向けとされており、事業規模で使えるのが個人向けレンタルサーバー法人用プランという違いがあると理解しておきましょう。

ECサイトなど大量のデータやアクセスを伴うサイトのみを運営するのであれば個人向けレンタルサーバーの法人用プランを、企業運営に関わる面や個人情報など流出してはいけないデータを取り扱うためにサーバーを利用したいと考えるのであれば法人向けレンタルサーバーを利用する、といった考え方を取るのも良いかもしれません。

法人向けレンタルサーバーの選び方

法人向けレンタルサーバーの多くは全体的に高いスペックとそれに見合った費用となっているため、大きな違いが出ません。
そのため、サービス全体として比較することになります。

法人向けレンタルサーバーを選ぶ際には、次のような点に注目します。

  • 用途に合ったディスク容量か
  • 稼働は安定しているか
  • セキュリティ性はどうか
  • メールプランや機能もあるか
  • サポート体制は整っているか

では、それぞれについて詳しく見ていきます。

用途に合ったディスク容量か

サイズや色の展開によって種類が多くなるファッション系や、PCパーツなどの通販サイト・ポイントサイトなどインターネット上でサービスを提供するサイトを運営する場合、ページ数や画像のデータも多くなります。

もしくはサイト運営用ではなく、メール用の「メールサーバー」として利用する場合でも、メール添付によるデータのやり取りが頻繁であれば、それらを保管できるだけの容量が必要です。

そのため、サーバーのスペックを調べる際には、ディスク容量は用途を満たせるかどうかに注目する必要があります。

人員数や業務内容によって必要なディスク容量のサイズは変わりますが、品数の多い通販サイトや数百人規模の企業用メールサーバーであれば、150~300GB程度は必要になるかと思われます。
もし商品数が少ない・メールの利用人数が少ない・データのやりとりがそこまでないというように、規模が小さくなるのであれば、50~100GBの容量でも問題はないでしょう。

安定した稼働

メールサーバーでは業務に、通販サイトやWebサービスの運営は売上など会社の業績に直結するものになります。
トラブルによってサーバーがダウン(停止)してしまうと、その間は業務が滞り、サービスを提供できなくなって損失が発生します。

そのため、サーバーを選ぶ際には、安定して稼働しているかどうかについても注意しておきましょう。

サーバーも精密機械であるので、予測できないトラブルが起こることもあります。
しかし、レンタルサーバーの中には、1つのサーバーマシンが停止したとしても、ユーザーの利用に支障が出ないように複数のマシンを並行して稼働させているなどのリスクヘッジを取っているところもあります。

他にも自社のデータセンターによって、トラブルが起こる可能性をより少なくできるように徹底した管理を行い、稼働率99.999%という、ほぼ停止させない体制を整えているレンタルサーバーも存在します。

法人向けレンタルサーバーでは、安定稼働が重要視されているため、サーバーが停止してしまった場合のリスクが大きい企業には特に合っていると思われます。

高いセキュリティ性がある

個人情報を取り扱うWebサービスを運営したり、企業ホームページでメールの窓口を開いたりしている場合にはセキュリティ性を高めておくことをおすすめします。

Webサービスであれば、個人情報やクレジットカードの情報が流出してしまうと、企業・利用ユーザーともに損害を被ることになってしまうでしょう。
企業ホームページの運営やメール窓口を開設している場合は、スパムメールによる迷惑行為やメールを介したハッキングなどの危険性があります。

企業を標的とした攻撃は後を絶たないため、セキュリティ対策は必須です。
レンタルサーバーには標準的なセキュリティはあるものの、Webサービスを守る「WAF(Web Application Firewall)やメールのスパムチェック機能、マルウェア検知機能のあるSSL証明書購入といった追加オプションが利用できるレンタルサーバーを利用するのが良いでしょう。

なお、どのようなセキュリティがあるのか、充実したセキュリティ対策を取っているサーバーはどれかについては下記記事で詳しくまとめています。
法人として重視したいセキュリティが異なることもありますので、こちらの記事も参考にしてみてください。

メール用のプラン・機能がある

業務上でメールが必要であれば、ディスク容量がメール専用で分かれていたり、設定が容易にできるレンタルサーバーである方が良いです。

また、わざわざメールサーバーとして構築しなくとも、法人向けのメールプランを提供しているレンタルサーバーもあります。
法人向けに高いセキュリティ性を有したうえでのメールプランであるため、個人向けのメールサービスなどと比較して、より安全に使用することができます。

さらに、企業の場合はホームページに総合窓口宛のメールアドレスなどの連絡先を記載したり、問い合わせフォームなどを設置することがあると思われますが、迷惑メールの対象となることも少なくはありません。
そのため、迷惑メールのフィルター設定ができる機能については、チェックしておく必要があります。

なお、ホームページを運営しないのであれば、法人向けメールプランを使用した方がコストダウンにつながります。
自社を紹介するためのホームページは個人向けレンタルサーバーで運営し、業務情報をやりとりするためのメールは法人向けプランを活用するといった使い方もできるかもしれません。

サポート体制は整っているか

トラブルが起きた時にどれだけ迅速な対応ができるかは、レンタルサーバーを選択する上で重要なポイントとなります。

サポート電話の対応時間や曜日が限定されていては、土日や夜間にトラブルがあった際に取返しのつかないことにもなりかねません。
メールサポートは、24時間365日受け付けているサーバーがほとんどですが、実際に返信がくるのは営業日のみというケースばかりです。

そのため、心配な方は電話サポートが夜遅くまで対応している・もしくは土日でも返信をくれるサービスだと安心して利用できるでしょう。

サーバーを選ぶ際は、どういったサポートをしているかのチェックも忘れないようにしましょう。

法人向けにおすすめのレンタルサーバーの種類は?

レンタルサーバーのサービスにおける種類としては、主に「共用サーバー」「専用サーバー」「VPS」の3種類があります。

どのサービスが適しているのかを考えた場合、次のような判断基準で選ぶのが良いでしょう。

  1. 管理者不在でも簡単に運用したい → 共用サーバー
  2. 大規模なサイト運営がしたい → 専用サーバー
  3. コストを抑えて、自由にサーバー運用したい → VPS

ただ、それぞれのサービスにメリットとデメリットがありますので、次から詳しく解説していきます。

共用サーバーを法人利用するメリットとデメリット

個人向けとして主に使われている共用サーバーですが、法人向けの共用サーバーも存在します。
個人利用として利用されるプランよりも多少費用が高くなるものの、十分なスペックかつセキュリティを持ったサーバーを比較的安価に使えることがメリットになるでしょう。

中小企業のメールサーバーや企業のホームページ運営などのために利用するのに向いています。
サーバーの設定などもほぼ不要で、専任のサーバー担当者がいなくても、管理やトラブル対応はサーバー運営会社がやってくれるというもの大きな利点です。

ただ、デメリットとしては、やはり共用サーバーである以上、他の利用者からの影響を受けてしまう点です。
もし、他に利用している企業がECサイトなどを運営していて、そこがアクセス過多でサーバーが落ちてしまったりすると、自身が運営している企業ホームページなども見れなくなってしまいます。

また、セキュリティはある程度整っているというものの、専用サーバーなどに比べるとセキュリティの面では劣ってしまいます。
個人情報など流出しては問題となってしまうデータを取り扱う場合には、共用サーバーを利用することは避けた方がいいかもしれません。

専用サーバーを法人利用するメリットとデメリット

専用サーバーは法人であれば、選択肢に入れておきたいひとつです。

法人向け共用サーバーよりもはるかに高いスペックのサーバーを利用できるほか、サーバーの設定は自由に変更することができ、どんな用途にも利用することができます。

もちろん他に共用するユーザーもいないためにサーバーの稼働も安定しており、セキュリティ面もより強化された形になっています。

数百人単位で利用するメールサーバーや多種多様な商品を取り扱う大規模通販サイトなどの運用に向いていると言えるでしょう。

そのデメリットとしては、充実した機能・スペックを提供してもらえる反面、コストも非常に高くなってしまうことが挙げられます。
初期費用・月額のランニングコストを踏まえると、年間で100万円ほどはかかってしまいます。

また、「マネージド」とサーバーがきちんと稼働しているかどうかなどのチェックは運営会社で行ってくれるサービスも多いですが、設定までは自身で行わなければいけないので、サーバーの運用担当者は必須になります。

非常に高いスペックで自由にサーバーを使える分、費用と専任担当者が必要となるサービスです。

VPSを法人利用するメリットとデメリット

VPSのメリットとしては、共用サーバーより多少高い程度のコストで、専用サーバーと同じくらいの自由度で扱うことができる点でしょう。
サーバーマシン自体は他社と共用しているものの、サーバー環境は独立しているので、本体のサーバーマシンが壊れたりしない限りは、他からの影響を受けることはありません。

例えば、プログラム言語学習サイトや予約サイトなど、通販サイトほどではなくともアクセスが多く、個人情報を扱うようなホームページを運営するのであれば、VPSが丁度いいかもしれません。

しかし、そのデメリットとして、専用サーバーと同様に一部の設定は自分で行う必要が多く、VPSサーバーを利用する場合はある程度サーバー操作ができる社員が必要となります。

そして、VPSサーバーは専用サーバーほど管理を運営会社にお任せできるものではありません。
サーバーマシン自体は管理してくれるものの、仮想に立ち上げたサーバー環境の管理はこちらで行うことになります。

専用サーバーほどのスペックは不要で、コストもなるべく抑えたいけど、自由に設定できる環境が必要といった場合に適したサービスと言えます。

おすすめの法人向けレンタルサーバー3社

法人向けレンタルサーバーとして特に人気が高いのが、KDDIウェブコミュニケーションズが運営する安定・安心の「CPIレンタルサーバー」、個人利用でも人気の「ロリポップ!レンタルサーバー」、そして自社データセンターによる管理でセキュリティ性に優れた「カゴヤ・ジャパン」の3つです。

それぞれの特徴を簡単にまとめましたので、参考としてみてください。

サービス CPIレンタルサーバー ロリポップ!レンタルサーバー (エンタープライズ)カゴヤ・ジャパン
月額料金4,180円/月2,200円/月~1,100円/月~
初期費用無料※1無料無料
SSD500GB
(Web:300GB、メール:200GB)
1.2TB500GB
サポート メール/電話/チャット メール/電話/チャットメール/電話/チャット
月額料金は12か月契約時の料金を掲載しています。
※1 CPIサーバーは12か月未満の契約の場合、税込22,000円の初期費用が発生します。

法人向けピックアップ3社詳細

CPIレンタルサーバー


初期費用月額費用ディスク容量
無料4,180円~500GB※
月額費用は最安プラン、初期・月額費用は12ヶ月支払い
※容量内訳はウェブSSD300GB、メール200GB

ビジネス(法人)利用におすすめ!安心・安全な環境を徹底完備

KDDIウェブコミュニケーションズが運営するCPIレンタルサーバーの共用サーバープラン「ビジネススタンダード」は安定・安心な環境にこだわったレンタルサーバーです。
サーバーやドメインなど、あらゆる面で快適に利用できるサービスを提供してくれているので、ストレスのない快適な環境でwebサイトの運用が出来ます!
さらに、KDDIのシステムを採用しており、データセンターを冗長化したことでメールの安定性・送受信速度が非常に高いというのも特徴です。

ロリポップ!レンタルサーバー(エンタープライズプラン)


初期費用月額費用 ディスク容量
0円2,200円1.2TB

大規模ECサイトや社内ファイルサーバなどデータ利用が多いならコレ!

「ロリポップ!レンタルサーバー」のエンタープライズプランはギガバイト超えのディスク容量を誇り、大規模サイトや社内でのデータのやり取り・保管など、管理するデータが多いほど便利なレンタルサーバーです。
サーバー環境もスピードを重視しており、スペックとしても十分!

カゴヤ・ジャパン


初期費用月額費用SSD容量
0円1,100円~最大300GB
月額・初期費用は最安プラン、容量は最大プランの内容

安心の自社管理データセンター!プランも幅広く充実!

自社によるデータセンター管理を行っているため、セキュリティ面では特に優れたレンタルサーバーです。
また、共用サーバーだけではなく、WordPress専用の格安プランから専用サーバーやVPSまで利用できる環境が幅広く、用途によって使い分けることも可能です。

コストだけを用途にあったサーバー選びを

法人向けレンタルサーバーの特徴や選び方について解説してきましたが、最終的にはどのような運用をするかによって、合うものは変わります。

大規模サイト運営なのか、自社ホームページ用なのか、メール用なのかというように用途をきちんと決めておくことが必要です。

もし小規模であれば、法人でも個人向けレンタルサーバーを使用するので十分なこともあります。
ただその場合、セキュリティなどの面では多少リスクがある可能性も理解しておいてください。

関連記事

【MT4利用可】FXにおすすめのVPS比較!自動売買に必要なスペックでコスパが良いのはどこ?

外貨取引の「FX」は一部ではプログラムによる自動売買が可能です。しかし、パソコンをつけっぱなしにしておかないければならないなど、さまざまな点で問題がありました。そこでVPSを利用することに人気が高まっています。本記事ではFXの自動売買におすすめのVPSを紹介していきます。
2022年9月5日

WordPress簡単インストール可能なレンタルサーバーはどこ?できないときの注意点や知っておきたいデメリットも解説

今やサイト作成となると「WordPress」を利用するのが一般的になっています。プログラム自体は自力でサーバーにインストールする必要がこれまでありましたが、最近では「簡単インストール」をサービスにした業者も出てきています。本記事ではその仕組みから注意点、おすすめ業者を紹介します。
2022年9月5日