Yahoo!ジオシティーズ利用者必見!移転キャンペーン比較

2019年3月末をもってサービス終了が発表されたYahoo!ジオシティーズ。

このページではYahoo!ジオシティーズからレンタルサーバーを移転するのにおすすめのレンタルサーバー(限定キャンペーンあり)簡単な移転方法を紹介&解説します。

Yahoo!ジオシティーズ利用者向けキャンペーン中のサーバー

初期費用0円!移転代行もお得に
ロリポップ!レンタルサーバー
ロリポップ!レンタルサーバー

Yahoo!ジオシティーズ利用者限定!3/31までの申込みで初期費用無料

月額費用 100円~ 初期費用 1,500円~
無料期間 10日間 容量 最大400GB
乗り換えサポートキャンペーン
XREA(エクスリア)
XREA(エクスリア)

3/31までの乗換えで各プラン特典が付きます!

月額費用 無料~ 初期費用 無料
無料期間 ずっと無料~ 容量 最大120GB

Yahoo!ジオシティーズとは?

Yahoo!ジオシティーズ Yahoo!ジオシティーズは、元は1994年にアメリカでスタートしたホームページ作成サービス。

日本でもインターネットが普及し始めると、1997年からサービスを開始し、たちまち人気のサービスとなりました。

日本でインターネットが普及し始めたのは1996年頃で、徐々に利用者数は増加。
中には自分でホームページを作成し情報を発信する人が出てきました。

そんな中、誰でもホームページが作成できる場所として「Tripod」「toktok」などの多くのサービスが生まれ、その中でも最も主流だったサービスがジオシティーでした。

日本でも多くの愛用者がいたYahoo!ジオシティーでしたが、続々と生まれる新たなサービスや、Googleの仕様の変更など、日々移り行くインターネットの波に乗り切れず、アメリカでは2009年にサービスが終了。

とうとう日本でも2019年の3月にすべてのサービスを終了することになりました。

Yahoo!ジオシティーズ終了までのスケジュールと注意点

有料プランの購入と変更、ホームページ新規開設の受付は2019年1月10日にすでに終了。
それ以外の

・ホームページの表示
・転送設定の申し込み
・管理画面の利用
・FTPの利用

2019年3月31日で終了となります。

同じく2019年3月31日12時から有料プランの解約処理が実施される流れとなっています。
最終的に2020年の3月31日に全データ削除となるので、データを残しておきたい人は最長で2020年の3月末までにダウンロードしておくようにしましょう。

注意①「geocities.jp」のURLが使えなくなる

Yahoo!ジオシティーズのドメイン「geocities.jp」はサービス終了に伴い使用出来なくなります。

独自ドメインでHPを運用している方は、新サーバーに移動しても引き続き同じURLを使用できますが「geocities.jp」で運用していたHPはサービス終了と同時に使用出来なくなります。
そのため移転先サーバーで新たにドメインを取得し、2019年3月31日までに新たなURLへ転送設定を行う必要があるでしょう。

注意①編集ツール(ジオクリエーター)使用不可

Yahoo!ジオシティーズでホームページを作成する際、「ジオクリエーター」という独自ホームページ編集ツールを使用しているかと思います。

「ジオクリエーター」とは、専門知識がない人でも、簡単にホームページを作成・編集ができる便利なツールです。
この「ジオクリエーター」もサービス終了と同時に使用できなくなります。

そのため、ホームページを移転したいけどHTMLなど専門知識がなくて困る方は「ジオクリエーター」と同じような機能があるサーバーがおすすめです。
一番おすすめなのは、HTMLなどの専門知識が無くても簡単にホームページが作成できる「WordPress」などのCMSを利用すると良いでしょう。

移転先サーバーを選ぶ時のポイント

Yahoo!ジオシティーズからサイト移転するためにレンタルサーバーを選ぶ際、どんな点を気チェックしておけば良いのか、おさえておきたいポイントをまとめました。

価格とセキュリティのバランス

ホームページイメージ Yahoo!ジオシティーズは無料でホームページが作成できることが魅力のサービスでした。
「ジオプラス」や「ジオライト」などの有料プランもありましたが、多くの方が無料プランで作成していたのではないでしょうか?
なので、移転先のサーバーもできれば手頃な値段が良いと考えていることでしょう。

移転先の候補としては無料で使える「FC2ホームページ」などのサービスもありますが、セキュリティや容量、またSEO的な観点も考えると有料サービスを選ぶことをお勧めします。

最近では低価格・高性能なサーバーも増えてきていますし、Yahoo!ジオシティーズのサービス終了に合わせてお得なキャンペーンを行っているサーバもあります。
自分のサイトの規模やアクセス数に応じて手頃な価格 のサーバーを移転先に選ぶと良いでしょう。

独自ドメイン設定の手軽さ

ホームページイメージ Yahoo!ジオシティーズのドメイン「geocities.jp」は、サービス終了に伴い利用出来なくなるため、新たにドメインを取得する必要があるサイトも多いでしょう。

サーバーは移動はできても、ドメイン取得が分からない!という方には独自ドメインが簡単に設定できるサーバーをお勧めします。

本来ドメインはドメイン取得専用サービスを使って取得するものですが、最近ではサーバー内の同じ管理画面で独自ドメインの設定もできるサーバーも増えています。

サーバーもドメインも同じ管理画面で出来るなら、難しい操作も少なく簡単に独自ドメインの設定を行えることでしょう。

ドメイン料金込みのサーバーを比較したい!
「ドメイン料金込みのサーバー比較」

SSLに対応しているか

SSL SSLとは、webサイトとwebサイトを見ている人とのデータのやり取り(通信)を暗号化するための仕組みです。

SSLとはを導入することで、個人のパスワードクレジットカードの番号まで、様々な機密情報の流出を未然に防ぐことができます。

またホームページをSSL対応で強化することで、そのページに訪れる方にも安心してアクセスできるホームページと証明することになるので、SSLに標準対応しているサーバーを選びたいところです。

SSLとは?おすすめ記事
「SSLとは?SSL対応のレンタルサーバーを比較!」

「WordPress」などのCMSが簡単に利用できる

CMS Yahoo!ジオシティーズのサービス終了に伴い、「ジオクリエーター」も利用できなくなります。

そのためHTMLなどの知識があまりない方は「WordPress」などのCMSを利用してホームページを編集・更新すると良いでしょう。
しかし、「WordPress」ってどうやってサーバーにダウンロードすればいいの?という疑問ももちろん出てくることでしょう。

そういう疑問や手間を省くために、移転先のサーバーには「WordPress」などのツールが簡単に利用できるサービスがあるものを選ぶことをお勧めします。

まとめ!ホームページの移転におすすめのサーバー

Yahoo!ジオシティーズからの移転を考えている方はもちろん、サーバー移転を考えている方向けに、当サイトがおすすめする初心者向けのサービスをご紹介します。

Yahoo!ジオシティーズのサービス終了に伴い、特別キャンペーンを行っているサーバーもご紹介しますので、ぜひチェックしてください。

ロリポップ!レンタルサーバー
     
初期費用 月額費用 容量
1500円~100円~
(※一括支払の場合)
最大400GB
Yahoo!ジオシティーズ利用者限定!3/31までの申込みで初期費用無料

低価格かつ初心者でも使いやすいサーバーのロリポップ!レンタルサーバー。
今なら3月31日までの期間限定で、Yahoo!ジオシティーズからの移転者限定キャンペーンを実施中です。
めんどくさい移転作業もたったの3ステップで完了!移転代行サービスもお得に利用できます。 ※Yahoo!ジオシティーズからの移転者限定

WordPressの導入も簡単なサーバー

注意点でも説明した、WordPressなどのCMSの導入が簡単にできるサービスがあるサーバー。
1から調べてWordPressを導入しようとすると、意外と手間がかかるのでWordPress簡単インストールができるサーバーはおすすめです。

エックスサーバー
     
初期費用 月額費用 容量
3,000円~1,000円~最大400GB
高速・多機能・高安定の三拍子がそろった人気の高いレンタルサーバー

同じようなスペックの他社と比べると少し値段が高く感じるかもしれませんが、その分高い安定性と使いやすさを誇り 口コミでも高い評判を得ている定番のレンタルサーバーです。WordPressがすぐに使える簡単インストール機能も付いています。
また、今なら独自ドメインが一つ無料でもらえるキャンペーンを実施中!

さくらのレンタルサーバ
初期費用 月額費用 容量
無料 最大6ヶ月無料 最大700GB
プランによっては乗り換えキャンペーンも実施中!

初めて個人でレンタルサーバーを借りるという人におすすめのさくらのレンタルサーバー
契約プランによってはを乗り換えキャンペーンを実施していますので、要チェックです!!

ConoHa WING
     
初期費用 月額費用 容量
無料1,200円~最大400GB
コスパに優れた、国内最速のレンタルサーバー

国内の人気サーバーのなかでWebサーバーの処理速度最速を誇るConoHa WINGのレンタルサーバー。
業界初の時間単位での利用が可能な料金体系となっているため、最低利用期間の縛りが一切なく、始めやすく解約しやすい気軽に利用できるサーバーとなっています。
また、WordPressもコントロールパネルから簡単にインストールすることができます。

移転代行サービスのキャンペーンがあるサーバー

めんどくさい、手間のかかるサイト移転の作業を代行してくれるサービスのあるサーバーです。
基本的には有料サービスですが、サポートだったり一部分のデータ移転であれば無料で行ってくれるサーバーもあります。

カゴヤ・ジャパン
     
初期費用 月額費用 サーバー移行代行
無料864円~
※12ヶ月支払い
無料
今ならサーバー乗り換えサポートでサーバー移行代行無料!

個人から法人企業まで、幅広い層をターゲットにしたカゴヤ・ジャパンのレンタルサーバー。
少しコストはかかりますが、どのプランでもビジネス向けを意識した設定となっており、「高い安定性」「老舗のブランド力」「充実したサポート」が評判のサーバーです。
また、今なら3月31日までの期間限定でデータ移行初心者でも安心のサーバー乗り換えサポート無料となっています。

KDDIウェブコミュニケーションズ CPI
     
初期費用 月額費用 サーバー移行代行
無料3,800円~※12ヶ月契約無料~
(有料プランもあり)
ビジネス向けのサーバーとして人気が高いCPIのレンタルサーバー

高速回線・大容量で安定したサイト運営ができるサーバーとして、法人向けサイトに人気の高いCPIのレンタルサーバー。
データ移行支援サービスも整っており、初めてのサーバー移転作業も安心して行うことができます。
また、今なら期間限定でSSL無料キャンペーンが実施中!

キャンペーン実施中!
用途別でサーバーを検索
レンタルサーバー特集
  • GMOペパボのサービスを徹底検証
  • 新米webデザイナーが選ぶ初心者におすすめのサーバー5選
  • CPIが選ばれる理由を徹底検証
  • 充実のサポート!カゴヤレンタルサーバーに独占インタビュー!
  • 国内最安値!低価格×高機能なクイッカの秘密
  • クイッカ(Quicca)の図解付き解説!wordpress設定方法など
  • グーペ(Goope)ならレンタルサーバーやwordpressが無くてもHPが作れるってホント?
  • CMS機能完備!アルファメールでサイトをさらに簡単構築&運用!
お役立ち情報:比較編
お役立ち情報:初心者編
お役立ち情報:応用編
レンタルサーバー ブログ