SEO対策向けおすすめレンタルサーバーを比較!

SEO対策に良いレンタルサーバーはどう選ぶ?

サイト運営をしていると「SEO」という言葉を耳にすることがあると思います。

SEOとは「検索エンジン最適化」の略で、SEO対策とはGoogleやYahoo!などで検索された時、検索結果の上位に自分のサイトが表示されることを指します。

各キーワードで上位に表示されることが多いほど、サイトへの流入が期待できるため、本格的なサイト運営を行う場合には重視したい点のひとつでもあります。

では、SEO対策とレンタルサーバーにはどのような関係があるのでしょうか?

SEO対策の中には「内容の新鮮さ」、「各コンテンツへの動線」、「サイトの評価」などが関係しているとされています。

しかし、このような対策をしようとしても、使用しているレンタルサーバーが対応していない場合もあります。

それでは、SEOを踏まえたうえでのレンタルサーバーの選び方を見ていきましょう。

★SEO対策に使えるIP分散特化のIQサーバーでは20%割引キャンペーン実施中!

SEO対策のポイント

まず、基本的なSEO対策について解説していきます。

独自ドメインやSEO対策をしてくれる業者の利用といった外部的なものから、サイト運営をどのように進めていけば良いのかといった内部的なものまで、合わせて紹介していきます。

こちらの内容はレンタルサーバーを選ぶ際のチェックポイントにもなりますので、覚えておいてください。

独自ドメインを活用する

レンタルサーバーを借りて、サイト運営を開始したとき、そのURLはレンタルサーバーサービスに関連したドメインとなっており、自分で運営するサイトに合ったドメインではありません。

ドメインとは、そのサイトの「住所」を示すもので、長い間使われているドメインやサイトに合っているドメインの方が検索エンジンに高く評価されるという傾向があります。

そのため、サイト運営する場合は独自ドメインを用いることは考えておきましょう。

情報・コンテンツを定期的に増やす

webサイトを作成したら、できれば毎日情報を作成(更新)したいところ。

良質な情報を定期的に増やす事はユーザーにとっても良い情報を増やす事に繋がり、作ったページ自体のアクセスを稼ぐという結果的にはロングテールのマーケティングに役立ちます。

質の高いコンテンツを増やす事でwebサイト自体の質を高めるだけでなく、結果的にはSEOの順位を上げることになるという、まさに一石二鳥の状況です。

SEO対策業者を活用する

最近ではSEO業者は溢れるほど数が増えており、その中から良いSEO業者を探すのは、質の高いwebサイト制作業者を探す事より難しくなっています。

SEO業者というのは、外部からのサポートをしたり、運営しているサイトをどのようにすれば良いのかというようなアドバイスをくれる業者のことです。

ただ、それは業者のノウハウが正しいことが前提であり、中にはためにもならない間違った情報を伝えてくる業者もいます。

そこで簡単にSEO業者を選定するポイントを3つ紹介します。

  1. 料金体系が成果報酬(順位が上がって初めて料金が発生)
  2. 電話営業をしない(営業がしつこくない)
  3. 業暦が長く、実績が多数ある

「早急にサイトの順位をあげたい!」とか「いきなりサイトが検索に表示されなくなってしまって困る」といった状況のときには、心強い味方になってくれますので、良い業者を見つけることも大事です。

SEO対策に向けたレンタルサーバーの選び方

SEOの基本を踏まえたうえで、では、どのようなサーバーを選べば良いのでしょうか?

主なチェックポイントとしては以下の3つが挙げられます。

  1. ドメインもまとめて購入できる
  2. WordPress(CMS)が利用できる
  3. SEOに関する機能が充実している

では、ひとつひとつ細かく解説してきます。

ドメインをサーバーとまとめて購入

独自ドメインはレンタルサーバー業者とは別の「ドメイン取得サービス」で購入するのが一般的です。

しかし、中にはレンタルサーバーの契約とまとめてドメインを購入できるサービスもあります。

ドメイン取得サービスで購入できるものよりも種類は少ないですが、ひとまとめで管理できるうえ、時折同時契約による割引キャンペーンが開催されていることもありますので、コストの面でもお得になります。

WordPress対応&簡単インストール機能がある

サイト管理の面でもSEOの面でもWordPressなどのCMSを導入することをおすすめします。

レンタルサーバー業者のほとんどが今はCMSに対応していますが、あまりに安いプランだと対応していないこともあります。

そして、レンタルサーバー業者の中には「WordPress簡単インストール機能」というサービスがあるところもあり、これを利用すれば、初めての人でも簡単かつ自動的にWordPressを導入できます。

レンタルサーバーを選ぶ際にはチェックしておきたいポイントのひとつです。

海外IPなどのSEO特化オプションがある

数少ないですが、日本のIPではなく、海外のIPを利用できるレンタルサーバーもあります。

これは多少難易度が高い方法ですが、メインサイトに他のIPからリンクを貼るというようなSEO対策に活用できます。

メインサイトのほかに格安でSEO対策用のレンタルサーバーを借りるということも効果的ですので、その際の選択肢としておきましょう。

SEOに効果的!おすすめレンタルサーバー比較

SEOで順位を上げるには、質の高いコンテンツが充実したサイトを作る事が大切です。

サービスの中には、優良サイトを作る為に様々な機能を入れているサービスがあります。
そこで初心者でも設定が簡単だったり、あると嬉しい機能が満載のサーバーを紹介します。

自分のサイトを検索で上位に表示させる為、良質コンテンツが充実したwebサイトを作りたい!
…と思っている方は、是非レンタルサーバー選びの参考にして下さい。

エックスサーバー


エックスサーバー
初期費用月額費用転送量
3,300円990円~150GB/日~
月額費用は最安プラン。

WordPressでwebサイトを作るのにオススメのサーバー

容量が大きいので、大規模サイトやアクセスが多いサイトでも安心して作り込めます!
自動バックアップ機能やメール・FTPアカウントが無制限と、各種機能も充実!
独自SSLが無料で設定も簡単に出来るので、自分のwebサイトの信頼度を上げたいという方にもおすすめです。

ロリポップ!レンタルサーバー


初期費用月額費用転送量
1,500円100円40GB/日~
月額・初期費用は最安プラン。

SEO対策はしたいけど価格を抑えたい方にオススメのサーバー

ロリポップは初心者向けのレンタルサーバーとして人気のサービスです。
利用するツールやソフトが特に決まっていなくてもある程度の機能が揃っているので使いやすいと思います。
価格は安いですが、ある程度のSEO対策も出来るので、出来るだけ価格を抑えて利用したい方にも向いていると思います。

IQサーバー


初期費用月額費用容量
0円153円~300MB

入手が難しいクラスC分散IPが利用出来るサーバー

IQサーバーは、一般的に入手が難しいと言われているクラスC分散IPが利用できるレンタルサーバーです。
IP分散とは、IPアドレスを分けることで、SEO対策では必須だと言われています。
IP(アドレス)の一般的な形は『92.33.61.55』のように4つの数字が並んでいますが、クラスCは3番目の数字(例でいうと61)から分散させることです。
このクラスC分散が低価格で出来るサーバーは少なく、料金的に見てもIQサーバーは非常にオススメ度が高いサービスと言えます。

関連記事

VPSを比較!レンタルサーバー・AWSとの違いとは?

VPSとはインターネット上にサーバー環境を構築して利用することのできる技術です。これまでのレンタルサーバーは共用が多く、専用サーバーを借りる場合はコストがかかっていましたが、VPSの登場によってサーバーがさらに使いやすくなりました。本記事ではおすすめのVPSを紹介していきます。
2021年10月11日

ゲーム向けレンタルサーバー比較!VPSでマルチプレイを楽しもう

ゲームのマルチプレイを行う際におススメのレンタルサーバー業者をご紹介!人気ゲームのマインクラフト(Minecraft)やアーク(ARK)をプレイするならココ!価格やスペック、オマケなどさまざまな点から比較して、どこがオススメかをお伝えします。
2021年10月11日