【終了】ウィンサーバー3プランで初期費用無料キャンペーン実施中!

ウィンサーバーで、7月末までの期間限定で初期費用0円キャンペーンを実施中!

ただいま、ウィンサーバーの対象プラン(共用サーバー2019プラン、VPSプラン、VPS-SSDプラン)で初期費用が無料になるキャンペーンが実施中です!
7月31日24時までの申し込みで、その後1か月以内に入金された方の初期費用が無料になります。

※キャンペーン期間外に申込されたサーバーアカウントの利用料金の支払いを期間中に行っても、キャンペーン適用外ですので、ご注意を!

プラン名こんな方におススメ!月額費用
共用サーバープラン初めてサイト運営をする方におススメ!2,052円~
VPSプランプログラミングやアプリ開発、FXをする方におススメ!1,620円~
VPS-SSDプランデータベースサーバーなど更新頻度が高い運用が必要な方におススメ!1,620円~

【7月31日24時まで】初期費用0円キャンペーン!

今回は、下記の3つのサーバーで、条件をクリアした全員を対象に、全プランの初期費用が無料になるキャンペーンを行っています。

これから導入を考えている人のお試しや、長期で使う予定の人にとっては非常にお得ですね!

下記ではそれぞれのサーバーでのプランにおいて、本来かかる初期費用もまとめてあるので、その金額と比べて、一番お得なプランを選んでください!

共用サーバー2019 初期費用0円キャンペーン

プラン名通常価格キャンペーン価格
STARTER2019プラン2,160円0円
EXPERT2019プラン2,160円
PRO2019プラン4,320円

共用サーバーは業者さんが用意してくれたサーバー環境を皆で使うものですね。
申込みから使用までの期間が短いなどのメリットがあるので、すぐ使いたい人にはうってつけ!共用サーバー2019プラン

月額費用対応言語CMS対応
2,052円~(1か月契約)ASP.NET、PHP、PythonWordPress、EC-CUBE

初めての方でも簡単導入!

設定も必要なく、導入すれば簡単にサイト運営が始められます!
更に、人気のWordPressの導入にも対応しています。
これまで未経験な人が始めるには特におススメなプランですキャンペーンの詳細を確認する »

VPSプラン 初期費用0円キャンペーン

プラン名通常価格キャンペーン価格
HDD19-1Gプラン1,620円0円
HDD19-2Gプラン3,240円
HDD19-4Gプラン7,020円
HDD19-8Gプラン12,960円
HDD19-16Gプラン20,520円

VPS(Virtual Private Server)は仮想化された共用サーバーというイメージです。
専用サーバーをレンタルするよりも安価で済む上に、他のユーザーさんからの影響も受けづらいという良いとこどりなプランです。VPSプラン

月額費用データ転送量各種オプション
1,944円~(1か月契約)無制限ディスク容量追加、Officeソフト利用可等

仮想Windowsで自由度高め!

サーバー設定の知識がある経験者の方なら、断然VPSはおススメ!
価格帯も専用サーバーより安く、自由度は同じくらい。
MacユーザーでもWindowsOSが利用できるので、そのためにレンタルされる方もいます。キャンペーンの詳細を確認する »

VPS-SSDプラン 初期費用0円キャンペーン

プラン名通常価格キャンペーン価格
SDD19-1Gプラン1,620円0円
SDD19-2Gプラン3,240円
SDD19-4Gプラン7,020円
SDD19-8Gプラン12,960円
SDD19-16Gプラン20,520円

上のVPSプランに、高速読み書きが可能なSSDが搭載されたプラン。
使い勝手が良くなったので、同じ0円ならこっちの方がいいかも…?

【2022年最新】100社レンタルサーバー比較
Average rating:  
 0 reviews
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事