レンタルサーバーをOS別に比較!主な特徴や違いを解説

レンタルサーバーをOS別に比較!主な特徴や違いを解説

パソコンにはWindowsやMacなどのOS(オペレーティング・システム)がありますが、レンタルサーバーにも「サーバーOS」と呼ばれるOSがあり、いくつかの種類に分かれます。

このページでは、各サーバーOSの特徴や違い、日本国内と海外サーバーの特徴やメリットの違いについてお伝えしていきます。
サーバーのOSについて理解し、レンタルサーバーを選ぶ際の参考にしてください!!

レンタルサーバーのOSの特徴や違い

レンタルサーバーのOSには、主にUnix系、Linux系、Windows系の3つがあります。
Unix系とLinux系は同じカテゴリーとされることもあり、主な製品・OSは次の通りです。

Windows系サーバーOS UNIX・Linux系サーバーOS
「Windows Server Standard Edition」
「Windows Server Datacenter Edition」…など
「Red Hat Enterprise Linux」
「Cent OS」
「Ubuntu」
「Debian」
「FreeBSD」…など

Unix系は一部を除いてクローズドソース、Linux系はだれでも自由に使ったり、改良できるオープンソースとなっています。

Windows系のサーバーはマイナーなものが多く実際それほど多くは利用されていません。
UNIX・Linux系のほうがシェア率は高く、知られている名前も多いです。

次に、各サーバーOSの特徴やメリットなどについて見ていきます。

Unix(ユニックス)サーバーOSの特徴

Unix(ユニックス)サーバーOSの特徴

Unix(ユニックス)Unixはマルチユーザー、マルチタスクが可能なOSとしてAT&Tのベル研究所によって開発されました。
インターネットのプロトコルである「TCP/IP」の開発もUNIXが関わっています。

これまで開発されてきた様々なOSはUnixをベースとしているものが多く、Free BSD、BSD、Open BSD、Solaris、Mac OSなどがあります。
Unixの特徴としては、以下のようなメリットや注意点があります。

メリット デメリットや注意点
・様々なOSのベースとなっていて派生系のOSも多い
・不具合や障害が起きにくく、高い安定性・信頼性・セキュリティ
・一部のUnix系を除いてクローズドソース
・マルチユーザー・マルチタスクのため、1台のコンピュータを複数のコンピュータに接続させ、複数ユーザーの同時利用が可能
・利用にはライセンス費用の支払いが必要
・エンジニアなど専門家でないと難しい操作性

Linux系サーバーOSの特徴

Linux系サーバーOSの特徴

Linux系は1991年にフィンランドのヘルシンキ大学の学生だったリーナス・トーバルズによって開発され、Unix系と互換性を持つサーバーOSです。

Unix系は当初研究用ということで無料開放されていたものの、その後ライセンスが発行されて有料化されました。

有料化された後のUnix系サーバーOSの利用料は非常に高く、リーナス・トーバルズはUnixと互換性を持った独自のOS開発に着手します。

そのようにして開発されたOSは自分の名前「リーナス」と互換性のあるUnixとを掛け合わせて、「Linux」という名称がつけられました。

Linuxはだれでも自由に使えるようにということで、オープンソースの形態がとられ、今日まで多くのエンジニアなどによって改良が施され、メジャーなサーバーOSとなるに至りました。

Linux系は高い専門知識が必要なため、どちらかといえばエンジニア向けのサーバーOSです。
オープンソースなため、開発業務で多く利用されています。

メリット デメリットや注意点
・ラインセンス料不要で低コストの運用が可能
・オープンソースによりだれでも自由に改良可能
・Unixとの互換性
・マルチユーザーかつマルチタスク
・障害や不具合が起きにくい安定感と高い信頼性
・ユーザー側のOSがWindowsでもMacでも利用可能
・Windowsに比べてウィルス攻撃に強い
・未対応のソフトウェアも多い
・利用者が限定されるほど難しい操作性
・進んでいない日本語翻訳

Windows系サーバーOSの特徴

Windows系サーバーOSの特徴

パソコン用のOSとして世界中最も多くのユーザーに利用されているのがWindowsですが、同じマイクロソフト社によって開発されたサーバーOSです。

クライアントOSであるWindowsと画面のイメージや操作方法が似ており、使いやすいものの、コストが高いことが特徴です。

また、パソコン用OSのWindowsと異なり、Unix系やLinux系に比べると非常にシェアが小さくて少数派といわれています。

メリット デメリットや注意点
・初心者にもやさしい操作性
・Unix系やLinux系では動かせないWindows系アプリケーションの利用が可能
・メジャーなプログラミング言語 C#の利用が可能
・管理システムの利用でユーザーや設定変更の一括管理が可能
・OSライセンス使用料により、システム構築やサーバー利用の高いコストが発生
・PHPやMySQLの利用がUnix系やLinux系サーバーより手間がかかる

Windows系サーバーOSとして最も知られているのは「Active Directory」というシステムで、これはネット上の資源や利用者に関する情報や権限を一元で管理できるものです。

「Active Directory」を使えば、利用者の管理が簡単に行えるのはもちろん、パソコンの設定を一括で変更することもできます。

UNIX系サーバーOSと、Windows系サーバーOSのメリットとデメリット、特徴を簡単にまとめると下記のようになります。

内容 Windows系サーバーOS UNIX・Linux系サーバーOS
主な使用例 Active Directory、社内ファイルサーバー等 Webサーバー等
メリット GUIベースメインで管理しやすい
相手側がWindowsのシステムを構成しやすい
用途によってプランが選択できる
ライセンス不要で低価格
高速処理が可能
高セキュリティ
デメリット ライセンス料が高額
ソースコードが非公開
ウイルスに弱い
CUIベースメインでの運用には高い技術力が要る
サポートが有料

レンタルサーバーの利用でなぜOSの違いが重要か

レンタルサーバーで利用されているサーバーOSも様々な種類があり、その違いはとても重要です。
というのも選ぶレンタルサーバーのサーバーOSによって、得られる機能が異なるからです。

レンタルサーバーOSの違いによって性能自体が極端に大きく変わることはありません。
しかし、OSによっては利用したいアプリケーションが使えないといった不都合を抱える場合があるのです。

例えば、Windows系のみでしか動かないアプリケーションを利用したいが、Linux系を選ぶと動作に何かしらの不具合が生じたり、動作自体がままならないことにもなりかねません。

よってレンタルサーバーを選ぶ際には基盤とされているサーバーOSの違いに注意し、サーバー利用の目的や環境に合ったサーバーOSのレンタルサーバーを選ぶことが大切です。

日本と海外サーバーOSの仕様や違い

レンタルサーバーには日本国内のものと海外のものとがあり、それぞれ特徴や違いがあります。

一概にどちらが良いというわけではありませんが、それぞれの特徴を知って、自分が使いやすい方を選ぶのが良いでしょう。

国内のレンタルサーバーの特徴

日本国内のレンタルサーバーは利用しやすさが向上し、十分な機能は備えているものの、転送制限があるなど機能や使い勝手においては海外サーバーより劣る面があります。

また、サーバーの料金は海外のサーバーよりも総じて割高な傾向があります。

ただし、何か問題や利用上の疑問点などをクリアしたい時に日本語での問い合わせに応じてくれますし、サポート面で安心度が高いといえます。

また、指摘されることの多い通信速度も日本国内で利用する分には日本国内のサーバーは十分に速いといえます。

このあたりは利用にあたってどのような目的やメリットを求めるかによって条件も違ってくるのでユーザー次第という面があります。

海外のレンタルサーバーの特徴

海外のレンタルサーバーは国内のものよりもコストが低く、保管できるデータ容量や転送量も無制限となっています。

使い勝手の良さやコスト削減という意味では有利になってくるでしょう。

ただし、何かトラブルがあった際には、カスタマーサポートがあっても日本語以外の対応となっていることが多く、時差によって回答まで時間がかかる場合もあります。

また、利用する場所が日本国内からだとデータの転送スピードなどがサーバー会社のロケーションによって異なる場合がありますので注意が必要です。

レンタルサーバーのOSの種類や違いまとめ

レンタルサーバーのOSの種類や違いまとめ

今回はレンタルサーバーのサーバーOSの種類や違いについてご紹介しました。

OSによって機能などが大きく変わるということはありませんが、利用している環境によっては、このOSではアプリケーションに対応していないなどの不具合が起きるケースもあります。

一般的に知られている・使われているのはUnix・Linux系のOSですが、実際に利用を検討しているレンタルサーバー会社があれば、どのOSが利用されているのかを確認し、自分の目的や利用環境に合ったものを選択することをおすすめします。

これから選ぶ方は、それぞれのOSの違いを大まかでも知ってから選ぶのが良いでしょう。

キャンペーン実施中!
用途別でサーバーを検索
レンタルサーバー特集
  • GMOペパボのサービスを徹底検証
  • 新米webデザイナーが選ぶ初心者におすすめのサーバー5選
  • CPIが選ばれる理由を徹底検証
  • 充実のサポート!カゴヤレンタルサーバーに独占インタビュー!
  • 国内最安値!低価格×高機能なクイッカの秘密
  • クイッカ(Quicca)の図解付き解説!wordpress設定方法など
  • グーペ(Goope)ならレンタルサーバーやwordpressが無くてもHPが作れるってホント?
お役立ち情報:比較編
お役立ち情報:初心者編
お役立ち情報:応用編
リモートワーク導入のポイント
レンタルサーバー ブログ