【12月31日まで】ロリポップ!レンタルサーバーが初期費用無料・利用期間延長キャンペーン実施中!

2022年10月18日から2022年12月31日までの期間、ロリポップ!レンタルサーバーで初期費用無料&期間延長クーポン配布のキャンペーンが開催されています。

こちらのクーポンを使えば、利用期間を1年(12か月)分、無料で延長できるようになります!

キャンペーン概要

今回のキャンペーンはそれぞれ条件が分かれています。

まず、「初期費用無料キャンペーン」は「エコノミープラン・ライトプラン・スタンダードプラン」の3つにおいて、全期間で対象となっています。
ハイスピードプランには元々初期費用がないため、キャンペーン期間中は実質4つのプランから最もコスパの良いものを選ぶことができるようになりました。

そして、「期間延長キャンペーン」は「ハイスピードプラン・エンタープライズプラン」が対象であり、契約期間を問わず全期間の契約で12か月分延長して利用できるクーポンがもらえるものとなっています。

キャンペーン対象となる各プランのスペック・料金については下記のようになっています。

プラン名初期費用月額費用ディスク容量転送量WordPress利用
ライト1,650円220円~200GB無制限
スタンダード1,650円440円~300GB無制限
ハイスピード無料550円~400GB無制限
エンタープライズ3,300円2,200円~1.2TB無制限
※月額料金は最安となる36か月契約のもの

個人利用に人気のロリポップ!レンタルサーバーですが、その中でも「スタンダードプラン」と「ハイスピードプラン」が特に人気です。

ハイスピードプランにおいては、1ヶ月契約でも追加で12か月利用できるキャンペーンとなっており、長く契約するほどお得なキャンペーンとなっています。
例として、スタンダードプランとハイスピードプランを24か月・36か月で契約したときの金額を比較してみましょう。

プラン名スタンダードハイスピード
初期費用無料無料
24か月契約時:月額換算550円770円
24か月契約時:料金総額13,200円18,480円
※36か月間利用可能
36か月契約時:月額換算440円550円
36か月契約時:料金総額15,840円19,800円
※48か月間利用可能
※キャンペーン適用につき無料となっていますが、本来は1,650円の初期費用がかかります。

スタンダードプランの36か月契約とハイスピードプランの24か月契約で同じ期間利用できますが、それでもスタンダードプランの方が3,000円近く安くなります。
しかし、ハイスピードプランを36か月契約すると実質48か月利用できることになるため、スタンダードプランを同期間(24か月×2もしくは36か月+12か月)契約するよりも安くなります。

そこまで長い期間利用するものでなければ「スタンダードプラン」でも十分かもしれませんが、すでに長期で利用することを考えているのであれば、「ハイスピードプラン」の長期契約をおすすめします。

また、WordPressが利用できるプランの中で最も安い「ライトプラン」も対象になっているのは嬉しいところですね。
月額99円から使える「エコノミープラン」もありますが、こちらはWordPressが利用不可となっているので、気を付けてください。

関連記事

GMOペパボのサービスはなぜ人気?レンタルサーバーやホームページ作成サービスの内容を徹底検証

「ロリポップ!」「ヘテムル」「ムームードメイン」の、GMOペパボの3つのサービスを編集自ら徹底検証した特集記事です。各サービスの価格や機能での比較表の掲載、特徴やおすすめポイントなどを独自目線でまとめました。
2022年3月10日

【終了】【2月7日まで】ConoHa WINGの新年Happy Winterキャンペーンで月額料金最大43%OFF!

「ConoHa WING」が冬季キャンペーンとして、ベーシックプランが最大43%OFFになるキャンペーンを開催しています!過去最高水準の割引率となっており、サーバースペックで悩んでいる人にはおすすめの高性能サーバーです。2月初旬まで開催されていますので、一度検討してみてください。
2022年2月28日