カゴヤVPSを使ったARK:Survival Evolvedのサーバー構築方法を解説

kagoya-ark_top

Vtuberの配信などで人気のARK:Survival Evolvedをプレイ!

ARK:Survival Evolved(アーク・サバイバル・エヴォルブド)」とは、「フォートナイト(Fortnite)」で日本でも名前が知られている海外のゲームメーカー「エピックゲームス(Epic Games)」が開発した、PS4やSteamでリリースされているオープンワールド形式のアクションゲームです。
ゲームスタート当初はアイテムを何も所有しておらず、植物や石から素材を採取して自分の家を作ったり、恐竜や動物を狩猟して得た革などからさまざまな道具を作ったりなど本格的なサバイバルを楽しめます。

しかし、恐竜を自分のペットにまでできるといった自由度の高いゲームである反面、体調管理までも自分で行わなければならないなど、サバイバルさながらの難易度です。
ただ、その難易度や楽しさゆえに、配信でも見ごたえがあることから、昨今ではVtuberのゲーム配信などでも取り上げられることが多くなっています。

また、このゲームは最大100人のマルチプレイにも対応しています。
マルチプレイでは作り上げた自分の島を公開してユーザーを招待したり、もしくは自分が他人のサーバーに入って、対プレイヤー戦(PvP)や一緒に開拓していくプレイなどを楽しむことができます。

マルチプレイを遊ぶにはサーバーのレンタルを推奨

ARK:Survival Evolvedでのマルチプレイを楽しむには、2つの方法があります。

1つは、PS4やPCなど自分のプレイ環境をサーバー化する方法です。
しかし、こちらの方法は機体に大きな負担をかけることとなるため、あまりおススメできません。

その理由として、まずサーバー運用する場合は本体を常時稼働させなければいけません。
サーバー用に組んであるPCならばともかく、PS4や通常のPCを長時間稼働させていると、その分だけ本体寿命を縮めることとなります。
あくまで友人などの身近な人とマルチプレイをするためのもので、10人超えのような大人数でプレイすることには不向きです。

そのため、もう1つの方法である「サーバーをレンタルして、そこにマルチプレイの環境を作る」という方法が最も適しているとされます。
ただ、ここにもいくつかの問題があります。

多人数プレイは非公式の海外サーバーを使うしかない現状

「マインクラフト」では公式がサーバー用のツールを配布したり、レンタルサーバーの業者さんでも専用プランを用意してくれているなど、個人でもサーバー構築が容易でした。

しかし、ARK:Survival Evolvedの場合、自分でコマンドを打ち込んで設定などを行わなければならず、ある程度の知識が必要となってきます。
Ark Server Manager」という手順を簡単にできるソフトはあるもののの、レンタルサーバーを使用するときにはほぼ使えません。

これに対して、ARK向けの海外サーバーでは、プレイする枠を買うだけといった仕組みとなっています。
Steam版以外のユーザーはこちらを利用するしかなく、値段も安くて簡単なために人気はありますが、海外サーバーであることの悩みは尽きません。

何か問題があったときもサポートと英語でやり取りをしなければならなかったり、購入するためにクレジットカードの登録やPayPalの利用が必要だったりと、サーバー構築とはまた違った手間や悩みがあります。

新規ユーザーは公式サーバーでプレイしにくい

ARK:Survival Evolvedの公式サーバーには、先立ってプレイしているユーザーが非常に多くいます。
ゲームの仕組み上、サバイバルを続けてきたユーザーの方が強く、対プレイヤー戦では手も足も出ません。

レンタルサーバーであれば、設定を操作することで難易度を落とすこともできますが、公式サーバーを利用する場合には設定変更も不可能です。

その中でプレイしていくのも1つの楽しみかもしれません。
しかし、そもそもアジア圏サーバーが少ないなどといった理由から、プレイにもラグが発生しやすいなどの弊害もあります。

純粋にプレイするのであれば、サーバーをレンタルし、仲間内で遊ぶなどの方が楽しいでしょう。

日本国内のレンタルサーバーで構築するには?

これまで、Arkのマルチプレイに関するサーバー状況についてお伝えしてきました。
PCのスペックが高いものであれば、自分のPCをサーバー化するのも方法の一つではあるものの、先に述べた通り、PC本体にかかる負担から、あまりおススメはできません。

では、日本国内のレンタルサーバー業者を利用するにはどうすればいいのか。

SteamではARKのサーバープログラムを使えるよう、配布してくれています。
そのため、PCのSteam版ARKをプレイしている人であれば、Steamからサーバープログラムを獲得し、自力でサーバーを建てて、そのままプレイできるのです!

その手順について、最もバランスの取れたスペックとセキュリティ・サポートを持つ「カゴヤ・ジャパン」のVPS環境を使って解説していきます。

カゴヤVPSでサーバー構築!

今回使用するのは、「3コア・メモリ3GB・SSD30GB」のプランです。
カゴヤVPSの場合はいつでもプラン変更できるので、プレイに支障が出たり、もっと大人数が入れるサーバーにしたいときなどに更新しましょう。

<VPS>KAGOYA CLOUD

カゴヤVPS
おすすめプラン 月額費用 初期費用
KVM3GBプラン 1,540円 無料
OS CPU SSD
Ubuntu・CentOS 3Core 30GB
コスパの良い高スペックなVPS環境!

CPUのコア数とメモリを他社プランと比較しても、とってもコスパの良いカゴヤのVPS。
電話やメールサポートも充実しており、また自社サーバーのために何か問題が起きても迅速な対応をしてくれます。

初期設定

ログインをすると、まず「インスタンス一覧」という画面になります。 こちらでどのプランにするのかを決めるので、「インスタンス作成」をクリックし、プランを設定していきましょう。

インスタンス作成

スペックを選びます。
今回はSSD30GBを選択していますが、月額換算でも110円しか違いはないため、別途使用することがあれば50GBでもいいかもしれません。

スペック選択

次に、OSの選択では「Ubuntu16.04」を選択します。
CentOSを選んでしまうと、こちらの内容に記載されているコマンド通りに設定できませんので、注意してください。

OS選択

ここで設定したパスワードは後ほど使用するので、きちんと控えておいてください。

そして、ログイン用認証キーを作成します。
画面右側の「ログイン用認証キー追加」のボタンをクリックすると、画面中央にログイン用認証キーの設定画面が出てきます。
名称は自由に設定できますので、わかりやすい名前に変更して登録を押すと、自分のPCに「.key」形式のファイルが自動的にダウンロードされます。
こちらのファイルはSSH接続の際に必要になりますので、厳重に保管しておいてください。

セキュリティキー

あとは下までスクロールし、インスタンス名を自由に設定し、料金を確認したら「インスタンス作成」をクリックして作成完了です。

完了

インスタンスが作成できたら、先ほどのインスタンス一覧に戻り、「インスタンス名」と書かれた箇所のリンクをクリックします。
最初に作成した段階では停止状態になっているため、「稼働」の箇所をクリックして、VPSを動かしておきましょう。

そして、稼働したら「コンソール」のタブをクリックし、下にある紫色の「コンソールを起動」と書かれたボタンをクリックします。
このとき、コンソールはポップアップウインドウで開きます。
ポップアップウインドウが出てこない!」というときは、お使いのブラウザでポップアップウインドウ表示の許可を設定しましょう。

コンソール展開

これで初期設定は終了です。
以後はコンソールを用いて、コマンドを入力し、サーバー構築を進めていきます。

サーバー構築手順

管理者ログイン

コンソールを開くとVPSに割り当てられたIPに続き、「login:」と表示されています。
ここはユーザーのIDを入力する項目なのですが、IDの作成は行われていません。

そこで「root」と打ち込み、管理者としてログインしましょう。
その次にはパスワードの入力を求められます。
インスタンス作成時に入力したパスワードを入力すれば、ログイン完了です。

それでは実際にARKのサーバーを構築する手順を説明していきます!

スワップ領域(仮想メモリ)の設定と自動起動

それでは最初に「スワップ領域の確保と自動起動」を行います。

本来、メモリに関するARKのサーバー運用推奨スペックは「6GB」となっています。
その足りない分のメモリをSSD上に仮想で作ることで、必要スペックを満たしていきます。

# fallocate -l 3G /swapfile

今回使用しているのはメモリ3GBのプランですので、不足している3GBを作成します。

# chmod 600 /swapfile

こちらのコマンドで仮想メモリのファイルを区切っておきます。

# mkswap /swapfile

仮想メモリのファイルを設置。

# swapon /swapfile

起動します。

# free -m

このコマンドで仮想メモリファイルが起動しているかどうかを見ることができます。
入力すると次のように「Swap」の項目と、数値が並んでいれば、無事起動できています。

kagoya-ark_4

しかし、この仮想ファイルは今の状態だと常に起動コマンドを入力しないと動きません。 そのため、OS起動時に一緒に仮想メモリファイルも動くようにします。

# sed -i '$ a /swapfile swap swap defaults 0 0' /etc/fstab

こちらのコマンドで、初期設定に「仮想メモリのファイルを動かす」という内容を加えます。

ファイアーウォールの構築

次に他のユーザーが入ってこれるように、ファイアーウォールを設置し、ポートを開放します。
こちらの設定が無いと、サーバー検索したときに見つからなかったり、見つかってはいるけど入れないという状況になることもあります。

# apt install firewalld

まずはファイアーウォールのインストール。

# firewall-cmd --permanent --add-port=27015/udp

そして、一つ目のポート開放。

# firewall-cmd --permanent --add-port=7777/udp

2つ目の開放をします。

# firewall-cmd --reload

最後に再読み込みを行いましょう。

これで必要なポートが全て開放されました。
あとはカゴヤVPS側のセキュリティ設定で、今開放したポートを使えるようにします。

上部メニューの「セキュリティ」をクリックし、セキュリティーグループ一覧に移動します。
そして、右側の「セキュリティグループ追加」のボタンをクリック。

ポート開放

ここで、プロトコルを「UDP」に変更し、先ほど開いたポートである「27015」と「7777」、そして付随する「7778」の3つを使えるポートとして設定します。
入力は1つずつになりますので、ひとつ入力したら左下の「プラス(+)」をクリックし、全て入力したら「登録」ボタンをクリックして完了です。

ポート開放2

Steamからサーバープログラムを取得

さて、ようやくSteamからサーバープログラムを取得して、Arkのゲームサーバーを構築する手順になります。

# apt update

最初にインストールできるファイルの一覧を最新情報に更新します。

# apt upgrade

そして、インストール済みのファイルも一旦更新して、漏れがないかをチェック。

# apt install lib32gcc1

必要となるパッケージをインストールします。

# useradd -m [自由文字列]

現在、rootユーザーなので、管理のためにSteam用ユーザーアカウントを作成します。
「-m」をつけたのは、書き込み等の処理権限を与えるためとなっています。

# su - [上記で作成した自由文字列]

Steam用ユーザーに切り替えます。
今後の操作でコマンドが「$」から始まっているものは、全てこのSteam用ユーザーでの操作になっています。

$ mkdir ~/Steam && cd ~/Steam

Steamのゲームクライアント用コマンドラインツール「SteamCMD」を入れるためのディレクトリ(フォルダ)を作り、そのディレクトリへ移動します。
こちらを作っておかないと、どこに「SteamCMD」が入っているかが分かりにくくなってしまいますので、必ず用意しておきましょう。

$ curl -sqL "https://steamcdn-a.akamaihd.net/client/installer/steamcmd_linux.tar.gz" | tar zxvf -

先ほど作ったディレクトリにStemaCMDをインストールします。

$ ./steamcmd.sh
そして、SteamCMDを実行。
Steam>login anonymous

今回はダウンロードするためだけなので、匿名ユーザとしてログインします。
パスワードを尋られることはありませんので、そのまま移行できます。

Steam>force_install_dir ./ARK/

インストール先を設定します。
今は「/ARK」とゲームの名前を流用しましたが、自由に変えても構いません。

Steam>app_update 376030 validate

そして、Arkのサーバープログラムをダウンロードします。

なお、「376030」はARKのサーバープログラムを示すIDになっています。
ここを他のゲームIDに変えると、そのゲームのサーバープログラムをダウンロードできます。
これまでのディレクトリ指定などを応用して、Steamにサーバープログラムがあるものなら作成できます。

Steam>exit

SteamCMDを終了して、インストール等の作業は完了です。

サーバープログラムの起動

exit=終了すると、Steam用ユーザーアカウントの操作に戻ってきます。

$ cd ~/ARK/ShooterGame/Binaries/Linux/

まずはダウンロードしたプログラムのあるところまで移動します。

$ ./ShooterGameServer TheIsland?Listen?SessionName=[セッション名]?ServerPassword=[ログインパスワード]?ServerAdminPassword=[管理者パスワード] -server -log -NoBattlEye &

サーバープログラムを起動し、サーバーを構築します。
このときに入れたセッション名でサーバーが分かるようになっています。
そして、ログイン時には入力したログインパスワードを求められますので、友人など一緒にプレイする人に教えてあげましょう。

なお、「TheIsland」はマップの設定コマンドです。
どのマップにするかは、サーバー構築時でのコマンドで変更でき、下記が現在選べる一覧となります。

●TheIsland
●TheCenter
●ScorchedEarth_P
●Ragnarok
●Aberration_P
●Extinction
●Valguero_P
●Genesis

これで、サーバーが構築できました。
これからはゲーム側の操作になりますが、今回設定したインスタンスの「IP」を必ず控えておいてください。

Steamにサーバーを登録して、ゲーム開始!

それではSteamの公式ページに移動し、まだSteamのクライアントを所有していない人はトップページ右上の「Steamをインストール」と書かれた緑色のボタンからクライアントファイルをダウンロードします。
そして、ダウンロードしたファイルをインストールしましょう。
細かい設定は必要ではないので、ダウンロードに指示にそのまま従って構いません。

Steam準備

ダウンロードが済んだら、Steamクライアントを起動します。
そして、ウインドウ左上にあるメニューの「表示」をクリックすると、細かいメニューがスライドして出てきますので、そこから「サーバー」をクリックします。

すると、別ウインドウでサーバー用のメニューが出現します。
右下の「サーバーを追加」をクリックし、これまで作ったサーバーを登録しましょう。

サーバー接続

サーバー登録用の小さなウインドウが出てきます。
下記画像の「追加したいサーバーのIPアドレスを入力してください」と書かれた下に入力欄があるので、そこに作成したインスタンスのIPをそのまま打ち込むか、コピペしてください。
入力したら、隣の「このアドレスをお気に入りに追加」というボタンをクリックします。

先ほどのサーバー用メニューに戻りますが、このままだと表示されないことがあります。
「サーバーを追加」の隣にある「更新」ボタンをクリックして、きちんと表示が確認できたら、さらに隣の「接続」ボタンを押すと、サーバーに入るためにパスワード入力欄が出てきます。
ここに、サーバー構築の際に設定した「ログインパスワード」を入力すれば、ゲームが開始されます。

実際に構築したサーバーでプレイ!

動作に支障はなく、通常通りにプレイできました。
メモリ2GBのプランだとスワップ領域を大きく設定するために、ラグが頻発しがちですが、今回3GBで試したところ、長時間のプレイでなければ気にならないほどでした。

他のレンタルサーバーだと、メモリ2GBの次は4GBになって料金も上がってしまうプランが多いです。
カゴヤVPSの細かなスペック変更ができて、かつお得な料金内容は嬉しいですね。

プレイ画面

ローカルプレイの場合、難易度を落とすと単調な作業になりがちで、マルチプレイの方が友人とボイスチャットで会話しながら進めていくこともできて、より楽しめます。
サーバー構築の難易度は少し高いかもしれませんが、こちらの記事の手順通りで簡単に構築できますので、興味のある方には是非一度試してみてください!

キャンペーン実施中!
用途別でサーバーを検索
レンタルサーバー特集
  • GMOペパボのサービスを徹底検証
  • 新米webデザイナーが選ぶ初心者におすすめのサーバー5選
  • CPIが選ばれる理由を徹底検証
  • 充実のサポート!カゴヤレンタルサーバーに独占インタビュー!
  • 国内最安値!低価格×高機能なクイッカの秘密
  • クイッカ(Quicca)の図解付き解説!wordpress設定方法など
  • グーペ(Goope)ならレンタルサーバーやwordpressが無くてもHPが作れるってホント?
  • CMS機能完備!アルファメールでサイトをさらに簡単構築&運用!
お役立ち情報:比較編
お役立ち情報:初心者編
お役立ち情報:応用編
リモートワーク導入のポイント
レンタルサーバー ブログ