WordPress向けおすすめレンタルサーバー比較

WordPressとは?から学ぶ!WordPress対応レンタルサーバー比較

WordPress対応のレンタルサーバーを選ぶ時におさえておきたい比較ポイントをまとめました。
さらに、目的・条件別でおすすめのレンタルサーバーもご紹介します。

このページの目次
WordPressって?
WP対応レンタルサーバー比較早見表
レンタルサーバーを選ぶ際の比較ポイント
条件別おすすめのレンタルサーバー

WordPressとは?

wordpressのロゴ 元々ブログ作成ソフトとして世界シェアNo.1を誇る「WordPress」。
自分自身でブログやホームページを作成・運用する事ができます。
拡張性があり、プラグインで便利な機能やSEO対策も容易に行える点はとても魅力的。
法人が、コーポレートサイトや商用サイトとして導入しているケースも増えています。

WP対応レンタルサーバー比較早見表

主要のレンタルサーバーの人気プランをピックアップして、注目要素別に比較してみました。
注目ポイントは赤字になっています。
※レンタルサーバーの文字をクリックすると概要ページに飛びます!

価格と無料お試し期間で比較
サービス名 初期費用 月額費用 お試し期間
ロリポップ!
(スタンダード)
1,500円 500円~ 10日間
ロリポップ!
(エンタープライズ)
3,000円 2,000円~ 10日間
NTT Bizメール&ウェブ
エコノミー
0円 1,543円(税込) -
カゴヤ・ジャパン
(共用サーバーS10)
0円 1,080円
※1ヶ月毎月支払い
2週間
カゴヤ・ジャパン
(共用サーバーS20)
3,240円 2,160円
※1ヶ月毎月支払い
2週間
KDDI CPI
(共用サーバーACE01)
0円
※12ヵ月一括払いの場合
3,800円(税別)
※12ヵ月一括払いの場合
10日間
ヘテムル 3,950円 1,000円(税抜)
※36ヵ月契約の場合
15日間
Zenlogic
(限定プランS)
0円 890円(税抜)
※12ヵ月契約の場合
2週間
クイッカ
(ライトプラン)
926円 230円(税抜)
※12ヵ月契約の場合
10日間
お名前.com
(SD-11)
無料 1,300円(税抜) -
お名前.com
(SD-12)
無料 2,600円(税抜) -
エックスサーバー
(X10)
3,240円 1,080円 10日間
エックスサーバー
(X20)
3,240円 2,160円 10日間
エックスサーバー
(X30)
3,240円 4,320円 10日間
WADAXサーバー
(タイプS)
3,240円 1,944円~ 10日間
さくらのレンタルサーバ
(スタンダード)
1,029円 515円 2週間
大塚商会
(アルファメール)
5,000円 2,800円(税別) 14日間
各スペックで比較
サービス名 ディスク容量 転送量 マルチ
ドメイン
MySQL 自動
インストール
ロリポップ!
(スタンダード)
120GB 100GB/日 100個 30個
ロリポップ!
(エンタープライズ)
400GB 無制限 無制限 100個
NTT Bizメール&ウェブ
エコノミー
最大150GB 無制限 1個 無制限
カゴヤ・ジャパン
(共用サーバーS10)
100GB 120GB/日 無制限 -
カゴヤ・ジャパン
(共用サーバーS20)
200GB 160GB/日 無制限 10GBまで
KDDI CPI
(共用サーバーACE01)
無制限 月間50GB前後 無制限 無制限
ヘテムル 256GB 120GB/日 無制限 100個
Zenlogic
(限定プランS)
300GB 0円/無制限 無制限 無制限
クイッカ
(ライトプラン)
10GB 31GB/月 50個 5個
お名前.com
(SD-11)
200GB 記載なし 無制限 50個
お名前.com
(SD-12)
400GB 記載なし 無制限 無制限
エックスサーバー
(X10)
200GB 50GB/日 無制限 50個
エックスサーバー
(X20)
300GB 70GB/日 無制限 70個
エックスサーバー
(X30)
400GB 80GB/日 無制限 70個
WADAXサーバー
(タイプS)
50GB 無制限 10個 10個
さくらのレンタルサーバ
(スタンダード)
100GB 80GB/日 20個 20個
大塚商会
(アルファメール)
40GB 記載なし - 1GBまで

レンタルサーバーを選ぶ際の比較ポイント

レンタルサーバーを選ぶときに、おさえておきたい比較ポイントは下記7つ。
1つずつ見ていきましょう。

①予算(初期費用・月額費用)

レンタルサーバーにかかる費用は「初期費用」「月額費用」に分けられます。

wordpress契約時の予算 レンタルサーバー契約時に発生する「初期費用」
初期費用無料のキャンペーンを実施するレンタルサーバーも多く、キャンペーンを使えば約1,000~3,000円程節約出来ることも。

契約後には、一ヵ月単位で「月額費用」が発生します。
契約時に、長期期間単位でまとめ支払いをすると割引されるプランを提示しているサービスも最近はよく見ます。
長く使うのであれば、長期でまとめて契約しましょう。

ただ、料金が高いからと言ってサーバー機能が必ずしも高くなると言うわけではありません。
レンタルサーバーによっては無料体験期間を提供しているサービスがあります。
契約前にしっかり使い心地を確かめて本契約をしましょう。

②サーバーの処理速度とサイトの規模(容量)

WordPressを使う場合はデータベースを必要となるので、それ相応のスペックが必要になります。

サーバーの処理速度 WordPressは、PHPやMySQLを使ったCMSであるため、サーバーの処理速度が遅いとサイトの表示も遅くなります・・・。
閲覧者にストレスを与えて離脱されてしまうケースも考えられるので、特に商用サイトでは注意したいところですね。

さらにディスク容量にも注意が必要です。
容量が少ないと、データ通信料が許容範を超えた場合に表示速度が極端に遅くなったり、最悪の場合サーバーダウンが発生する可能性があります。
容量は16GBあればほぼ安心と言われているので、適切な容量が解らない方はソレを目安にレンタルサーバーを比較してみては如何でしょうか。

因みに、レンタルサーバーの中に保存されるデータは、大きく分けて4つです。

◎WordPressの本体(システム)
◎デザイン(テーマ)
◎記事
◎プラグイン

『複数のブログを運営したい』『デザインを凝ったものにしたい』『更新頻度が高い・画像を多用する』『機能拡張プラグインを多用する』
・・・そんな方は、先を見越して容量を多めに確保したレンタルサーバーをオススメしたいです。

③設置するWordPressの数(マルチドメインとMySQLの利用可能数)

1つのサーバーで複数サイトを作成して運営したいと考えているなら、注意しておきたいマルチドメインMySQLの利用可能数。

※マルチドメインとは?
「独自ドメインを複数(マルチに)設定できる」という意味。
マルチドメインの数=設定できる独自ドメインの数を表しています。
※MySQLとは?
ブログの更新情報やデザインの設定などのデータを格納しておく、「データベース」の一種。
理想的な形は、WordPressひとつに対してMySQLひとつ。
MySQLが1つでも複数のWordPressをインストールできますが、データの管理が難しくなります。
格納しておくデータが増加・複雑化して、MySQLの動きが重くなりサイトの表示スピードが遅くなるリスクが発生します。

独自ドメインを取得して運用できるのであれば、レンタルサーバーを移転することになっても同じドメインを使う事が出来るのでオススメです。
同じドメインならURLが変わらないので、移転前まで得られたアクセスやSEOの効果も持続させることができます。

マルチドメインに対応しているサーバーなら、サーバーをひとつ借りればいくつもの違うサイトを同じサーバー上で運営する事ができます。
さらに、サイトの数に見合ったMySQLの利用可能数があれば、快適な運用が出来るでしょう。
将来的にサイトの数が増える場合も考えて、利用可能なマルチドメインとMySQL数をあらかじめチェックしましょう。

④転送量(多いほど負荷に強い・落ちない)

訪問者が多いのであれば、転送量の多いレンタルサーバーを選びましょう。

※転送量とは?
訪問者がページ閲覧時に受信するデータの量

おおよそのレンタルサーバーは転送量に対して制限を決めている場合が多いので、制限を超えた時はブログの表示が遅くなったり表示できなくなる場合があります。
転送量があまりに少ないと、急激にアクセスが殺到して勢いに乗ったのにサイトが表示できなくて逆効果!なんてことになりかねません。

⑤堅実なセキュリティ対策とバックアップ体制

wordpressのセキュリティ 手軽さ故に多くのユーザーに利用されるWordPressですが・・・
簡単な分、セキュリティ対策のレベルが鍵となります。
管理画面から出来る設定をするだけでも、攻撃に遭うリスクを下げることができます。

レンタルサーバーに標準装備されるセキュリティ設定は、基本的に3つ。
WordPressセキュリティ設定は管理画面からすぐ見つけられます。

◎国外IPアクセス制限設定
WordPressに対する海外からの不正ログインを防御します。
海外からWordPressの管理画面へアクセスする予定が無いのであれば、オンにしておきましょう。

◎ログイン試行回数制限設定
WordPressを狙う攻撃でもっとも有名な「パスワード総当り(ブルートフォースアタック)」。
パスワードの組み合わせを、短時間に何度もトライする方法でログインしようとする攻撃です。
しつこい攻撃を防ぐために、オンにしましょう。

◎コメント・トラックバック制限設定
運用している側にとって嬉しい筈のブログ記事へのコメントやトラックバックは、悪質な攻撃に利用されることがあります。
特に海外からの攻撃が多く、短時間に大量のコメントやトラックバックを残す攻撃をしてくるので、被害に遭わないよう設定を見直しましょう。

wordpressのバックアップ機能 また、大量のデータを扱う為、何かあった時に備えてバックアップ機能があると安心です。
セキュリティに気を払っても、対策を上回るスキルと悪意を持った攻撃が存在します。
それらに備えてのバックアップとしても有効です。
さらに、運用やカスタマイズに慣れてきたときによく発生する不具合などにも有効です。

定期的にバックアップを自身で取ることも大切ですが、バックアップを取るにも専門的な技術だったり操作が必要になるケースがあります。
そんな時にレンタルサーバーに自動バックアップ機能がついていると、安心感が違います。

⑥サポート体制の有無

サポート体制 もうどうにもならない!と言ったレベルの問題が起こってしまった時、サポート体制がしっかりしているレンタルサーバーだと安定感が違いますよね。
特に、WordPressを商用サイトとして利用している場合、短時間の不具合が後々の大打撃になる場合もあります。
レンタルサーバー初心者は、電話サポートがあるサービスを選ぶと良いと思います。

⑦WordPressの自動インストールに対応しているか

もしかしたら、人によっては一番重要かもしれません。

サービスによっては、簡単な操作(ワンクリックなど)でWordPressをインストールできるレンタルサーバーがあります。
導入の敷居が低いことは、慣れない運営者にとっては非常にありがたい仕様ですね。
そもそもWordPressってどう始めるの?と感じた人は、必ず機能があるかどうかをチェックしましょう。

条件別おすすめのレンタルサーバー

運用者のレンタルサーバーの知識やサイトの規模など、様々な条件で選ぶレンタルサーバーは変わります。
万人向け、初心者向け、中・上級者向け、特にオススメなレンタルサーバーを1つずつご紹介します。

幅広い層におすすめ出来るレンタルサーバー
エックスサーバー(XSERVER)
初期費用 月額費用 容量
3,240円~ 972円~ 最大400GB
稼働率99.99%以上の高い安定性が人気のポイント

自動インストール付きなので、パッケージの準備は必要なし!月額1,000円程度の低価格からスタートできます。
しかも、全てのプランで独自SSLが無料で、ハイスペック且つ安定性の高い環境下なので、快適&気軽にwordpressでのサイト運用が出来るでしょう。

初心者向けにおすすめのレンタルサーバー
ロリポップレンタルサーバー
初期費用 月額費用 容量
1,500円 100円~ 最大400GB
初心者~ビジネス利用まで幅広くサポート

ロリポップは、低価格かつ管理画面が非常に使いやすく、初心者でも気軽にWordPressでサイト運用がスタートできると思います。
7世代分の自動バックアップ機能に加え、満足度98%の専門スタッフによる電話サポートと、フォロー体制も完備!

中・上級者向けにおすすめのレンタルサーバー
KDDIウェブコミュニケーションズ CPI
初期費用 月額費用 容量
無料
※12ヶ月契約場合
3,990円~ 無制限
大規模ビジネスや行政機関Webサイトなどにオススメ

HDD容量が無制限で使える点は非常に魅力的!
KDDIグループの技術力を基盤に、高スペックな環境を提供。
大手企業や官公庁が利用しており、17年の運用実績が公式サイトでも紹介されています。

用途別サーバー検索
特集ページ
  • グーペ(Goope)ならレンタルサーバーやwordpressが無くてもHPが作れるってホント?
  • Bizホスティングでサイトを作成してみる
  • 充実のサポート!カゴヤレンタルサーバーに独占インタビュー!
  • Zenlogicレンタルサーバー徹底解剖!プランの選び方から申込まで
  • 国内最安値!低価格×高機能なクイッカの秘密
  • GMOペパボのサービスを徹底検証
  • CMS機能完備!アルファメールでサイトをさらに簡単構築&運用!
  • CPIが選ばれる理由を徹底検証
お役立ち情報ページ
レンタルサーバー ブログ
用途別サーバー検索
法人向けレンタルサーバー
個人向けレンタルサーバー
低価格レンタルサーバー
クラウドサーバー
高セキュリティのレンタルサーバー
ドメイン料金込のレンタルサーバー
ビジネス向けハイスペックサーバー
[WordPress有]CMS充実レンタルサーバー
VPSサーバー
IP分散サーバー
全ての掲載サービス一覧
レンタルサーバーお役立ちコンテンツ
レンタルサーバーとは?
サーバーの種類を理解しよう!
ドメインは何がいい?
お金をかけず即開始!初期費用が無料のレンタルサーバー比較
個人向けにもオススメ!格安レンタルサーバー比較
法人がレンタルサーバーを選ぶときに注意すべき5つのポイント
SSLって何?SSL対応のレンタルサーバーを比較!
WordPress向けおすすめレンタルサーバー比較
インターネット用語集
その他のお役立つコンテンツ一覧
レンタルサーバー特集記事
Zenlogicレンタルサーバー徹底解剖!
低価格×高機能なクイッカの秘密
カゴヤレンタルサーバーに独占インタビュー
GMOペパボのサービスを徹底検証
Bizホスティングでサイトを作成してみる
CPIが法人に選ばれる理由を徹底検証