サーバーの種類を理解しよう!

レンタルサーバーの用途と種類を知ろう

一口にレンタルサーバーと言ってもその種類はたくさんあります。
もちろんそれらの主対は使う用途によって大きく変わります。

契約したレンタルサーバーが用途と合っていなかった、実はもっと安いレンタルサーバーで十分で損していた。
といったようなことがないようにまずはこのページでレウたるサーバーの種類や主な用途について理解しましょう。

それぞれの種類別にオススメのレンタルサーバーも紹介しますので気になったら契約してみてください!

共用サーバー(共有サーバー)

共用サーバーと言うのは複数のユーザーが1つのサーバーを使うサーバーの方式です。
1台のサーバーの中の領域を複数にわけてそれぞれの領域にドメインを設定してユーザーはその領域を利用するというサービスです。

共用サーバーは1台のサーバーを複数人で利用することになりますので一人ひとりの費用。
月額料金や初期費用などは後述の専用サーバーに比べて非常に安価を設定されています。
その代わり、そのサーバーを利用している複数のトラフィック(転送量)も共有していることになるので、一部のドメインで大幅に転送量が増えた時に同じサーバーを利用している他のドメインへ接続しにくいといった状況が起こります。

メリット デメリット
▼他のサーバーに比べて安価
▼サーバーの管理や運用の必要が無い
▼専用ツールが用意されていることが多く、初心者でも使いやすい
▼自由度が低い
▼他のドメインの影響を受ける
おすすめの共用サーバー(共有サーバー)
ロリポップレンタルサーバー
初期費用 月額費用 容量
1,500円 100円~ 最大400GB
10日間の無料お試し期間あり!初心者にオススメのサーバー

低価格で豊富な機能と充実のサポート。人気のWordPressも簡単インストール!CGIやPHPの他、MySQL5、cron、SSH、共有/独自SSLなど多彩に対応。

専用サーバー

専用サーバーとは利用者一人一人にサーバーマシンを丸々1台貸出しするサーバーの方式。
利用者ごとにサーバーが割り当てられるために、共用サーバーでおこるような他のドメインの通信料によって速度が低下したりするような事は起きずに、常に安定した状態を維持することが出来ます。

Webサイトに必要な機能を、利用者ごとに設定することができるので自由度が高く、よりWebサイトを作りこみたい人が利用することが多いです。
ただ、共用サーバーと比較するとかかる料金が高く、必然的に高コストとなってしまう点、自由度が高い分セキュリティ管理などのサーバーの管理・運用もそれぞれ管理者が行わなければいけないので、ある程度の専門知識が要求されるという点もあります。

メリット デメリット
▼比較的安定した運用ができる
▼高性能なWEBサイトの作成が可能(ビジネス目的に向いている)
▼自由度が高く、様々な機能を柄出来る
▼共用サーバーに比べてコストがかかる
▼専門知識がかなり必要
おすすめの専用サーバー
エックスサーバー
初期費用 月額費用 容量
3,000円~ 1,000円~ 40GB~
ドメイン取得料無料!更新費もずっと無料!

多機能充実、多くのお客様からおほめの言葉いただいております。夜中でも行なっているサポートはとても便利。今ならドメインプレゼント中です。

VPSサーバー

VPSとはバーチャルプライベートサーバー(virtual private server)のことで一大の物理的なサーバー上に下層コンピューターを何台も起動する技術を用いたサーバーの方式です。

共有サーバー・専用サーバーのいいところを持ちあわせており、比較的低価格で高性能なサーバーを利用することが出来ます。

VPSサーバーを利用するにあたっての一番の大きなメリットはサンドボックスを容易に使用することが出来る点です。
仮想サーバーを2つ設定し、仮想サーバAで稼働しているWebサイトに新しいソフトウェアを導入したい場合、コピーを仮想サーバBに作成して、サーバBで導入テストを行うことによってA同等の環境で稼働中のサイトに影響をあたえることがなく動作テストを行うことが出来ます。

VPSを利用するときの難点としては専用サーバーを利用する以上の知識レベルが必要です。
また、他のユーザーと共用して利用しているために専用サーバーほど安定しない難点もあります。

メリット デメリット
▼安価で様々な事ができる
▼サンドボックスを容易に利用できる
▼共用サーバーよりもリソースが多い
▼より高度な知識レベルが必要
▼専用サーバーほど回線が安定しない
おすすめのVPSのサーバー
KDDIウェブコミュニケーションズ CPI
初期費用 月額費用 容量
0円※12ヶ月契約 3,800円(税別)~ 無制限
容量が無制限なので、大規模サイトでも作成可能!

他社のレンタルサーバーとの違いはなんといってもHDD容量が無制限で使えるというところ!
また、サポート面と充実しており、信頼性の高いサーバー環境に365日24時間の運用体制で稼働率は100%を誇ります!

クラウドサーバー

クラウドサーバーと言うのはインターネット上の仮想的なレンタルサーバーの方式です。
クラウドについてはこちらのページで詳しく説明してます。

クラウドサーバーは申込から導入までのスピードが非常に早い事が特徴です。
急な理由から直にサーバーが必要になった時にクラウドサーバーを利用することは多いです。
また、リソースの柔軟性も非常に高く、急激なリソースの増強が必要になる場合があるWebサイトでは特にクラウドサーバーを利用されることが多いです。

クラウドサーバーを利用するときの難点としてはサーバー単体のパフォーマンスはクラウドにせずに物理環境でサーバーを設定したほうが安定することが多いです。
特にディスクI/Oは不安定とよく言われています。
また、物理サーバーとは異なり、クラウド専門の知識を必要とする場合があるので専門知識が必要となります。

メリット デメリット
▼導入のスピードが早い
▼リソースが柔軟に変更できる
▼小規模での利用の場合コストが安い場合がある
▼パフォーマンス力は物理サーバーのほうが上
▼クラウドに対する知識が必要
おすすめのクラウドサーバー
Zenlogic(ゼンロジック)
初期費用 月額費用 容量
0円 890円~※12ヶ月契約 最大2TB
2週間無料お試し期間付き!大容量レンタルサーバー

Zenlogic(ゼンロジック)は、とにかく使える容量が大きいので、大規模サイトやページ数が多いwebサイトの作成にもおすすめです。
webサイトを作成する際に欲しい機能も最初から揃っているので初心者にもオススメ!

用途別サーバー検索
特集ページ
  • グーペ(Goope)ならレンタルサーバーやwordpressが無くてもHPが作れるってホント?
  • Bizホスティングでサイトを作成してみる
  • 充実のサポート!カゴヤレンタルサーバーに独占インタビュー!
  • Zenlogicレンタルサーバー徹底解剖!プランの選び方から申込まで
  • 国内最安値!低価格×高機能なクイッカの秘密
  • GMOペパボのサービスを徹底検証
  • CMS機能完備!アルファメールでサイトをさらに簡単構築&運用!
  • CPIが選ばれる理由を徹底検証
お役立ち情報ページ
レンタルサーバー ブログ
用途別サーバー検索
法人向けレンタルサーバー
個人向けレンタルサーバー
低価格レンタルサーバー
クラウドサーバー
高セキュリティのレンタルサーバー
ドメイン料金込のレンタルサーバー
ビジネス向けハイスペックサーバー
[WordPress有]CMS充実レンタルサーバー
VPSサーバー
IP分散サーバー
全ての掲載サービス一覧
レンタルサーバーお役立ちコンテンツ
レンタルサーバーとは?
サーバーの種類を理解しよう!
ドメインは何がいい?
お金をかけず即開始!初期費用が無料のレンタルサーバー比較
個人向けにもオススメ!格安レンタルサーバー比較
法人がレンタルサーバーを選ぶときに注意すべき5つのポイント
SSLって何?SSL対応のレンタルサーバーを比較!
WordPress向けおすすめレンタルサーバー比較
インターネット用語集
その他のお役立つコンテンツ一覧
レンタルサーバー特集記事
Zenlogicレンタルサーバー徹底解剖!
低価格×高機能なクイッカの秘密
カゴヤレンタルサーバーに独占インタビュー
GMOペパボのサービスを徹底検証
Bizホスティングでサイトを作成してみる
CPIが法人に選ばれる理由を徹底検証