クラウドとは?身近なクラウドサービスを紹介!

最近、良く聞く【クラウドサーバー】とはどういうものなのでしょうか?

最近、ITの用語でクラウドという言葉を耳にする機会が増えたのではないでしょうか。
クラウドという言葉には色々な意味が含まれていて、具体的にイメージすることが難しいのでは無いでしょうか。

クラウドとは?

クラウドという言葉には大きく分けて下記の2つに分類されます。

1.サービスとしてのクラウド(クラウドサービス)
2.リソースとしてのクラウド(クラウドコンピューティング)

どちらも共通してインターネット上のリソース※ を利用することをクラウドと表現します。
今まで、データは社内のサーバやデータセンターを借りて自社サーバで運用するのが一般的でした。

クラウドとは? ところがクラウドはアプリケーションやデータをインターネット上のサービスにまかせて、ネットワーク経由でデータやアプリケーションにアクセスします。
簡単に言うと今までパソコンで行っていたことを、まるごとインターネットにまかせちゃおう!というイメージです。
ちなみにクラウドは英語では「雲」という意味を持っていて、IT業界ではインターネットを雲の絵で表現することに由来しています。

リソースとは?

リソースとは「資源」のことでパソコンでは利用中、または利用出来るCPUの処理能力、メモリー量、デバイスなどのことを言います。

身近なクラウドサービスって?

クラウドサービスとは、インターネット上でデータを保存したり、ウェブブラウザーでアプリケーションを提供しているサービスのことです。
今までは専用のソフトウェアを購入して、インストールして利用していましたが、クラウドサービスを利用するとソフトウェアの購入が不要となり、なんとブラウザでソフトウェア購入と同程度のサービスが受けられるようになります。

Googleドライブ 例えば GoogleドライブのGoogle Spreadsheets(Google Docs※) は、ブラウザ上でエクセルに似た表計算ソフトが利用できます。
今までエクセルを使っていた人は使いづらい部分が在るかもしれませんが、慣れてしまえば違和感なく使えるでしょう。
インターネットを活かして他人との同時編集も出来るので、今までのインストール型のアプリケーションよりメリットがあるでしょう。

また、インターネット上にデータ保存するサービスをクラウド・ストレージといい、インターネットに繋がっていれば、PCやスマートフォンなど色々な端末からアクセスできます。
会社で作ったエクセルファイルをクラウド・ストレージに保存して、自宅で編集して翌日会社で印刷するなど、データをUSBデバイスに入れて持ち運んだり、メールで送信するというような手間が省けます。

クラウドサービスにはこんなメリットも!

クラウドサービスはPCのデータのバックアップとしても有効でしょう。
注意点としては、どこからでもアクセスすることができるので、パスワードは推測されづらいようなパスワードを設定しましょう。

身近なクラウドサービスはこんなところにも!

身近な例で言うとGmailやYahooメールなどといった、一般的にウェブメールと呼ばれているサービスもクラウドの代表です。
以前はPCでメールを使うにはインストールされたメールソフトを起動し、送受信したメールはハードディスクの中に保管していました。

ですがウェブメールの場合だとメールはインターネット上のメールサーバー内に置かれたままで、それをウェブブラウザー等で見るといった仕組みになっています。
この仕組みにより、自宅でも会社でもPCは勿論、スマホやタブレッド端末でも最新メールを確認することが出来るのです。

Google Docsとは?-ちょこっと予備知識-

Google Docsは、文書やスプレッドシート、プレゼンテーションをオンラインで作成することが出来るソフトです。
Google Docsでは、次の3つのアプリケーションを使用することが出来ます。

1.ドキュメント(ワープロ)
2.スプレッドシート(表計算)
3.プレゼンテーション(プレゼン)

それぞれWord、Excel、PowerPointに対応しています。
例えばExcelで作ったスプレッドシートをGoogle Docsにアップロードすると、Google Docs上で見たり編集出来たり、逆にGoogle DocsからダウンロードしてExcelで編集することも出来ます。

ダウンロード形式は、テキストファイルやPDFファイル、HTMLファイルなど、使い方に合わせて選択することができます。
Google DocsはWebアプリケーションなので、ネット環境さえあればいつでもどこでも作業することが可能です。
1つのシートをリアルタイムに他の人と共有できるのが大きなメリットなので、例えば仕事の取引先などでホワイトボードを見ながら話をするのに近い形で、1つのスプレッドシートを使って複数のメンバーに共有したり、同時に開いて編集も出来るのです。

どうしてクラウドが注目されているの?

最近では大分このクラウドという言葉も一般的になってきましたが、初めて使われるようになったのは2006年頃。…実は結構最近なんです。

クラウドが注目 はじめは企業が社内の業務用サーバーを減らして、コストを削減する…といった目的で普及されるようになりました。
その後、インターネットで一般ユーザー向けのクラウド型サービスが出てくるようになると、たちまち注目されるようになりました。
その人気の理由は、高いパッケージソフトを買わずとも、ウェブブラウザーだけで便利なサービスが使えるといった手軽さからです。

しかもデータをインターネットに保管することで、保存場所や端末の種類(PC、スマホ、タブレット端末等)を気にせず、同じ情報に複数人が同時にアクセス・編集が出来てしまうといった利便性でしょう。

キャンペーン実施中!
用途別でサーバーを検す
レンタルサーバー特集
  • グーペ(Goope)ならレンタルサーバーやwordpressが無くてもHPが作れるってホント?
  • 充実のサポート!カゴヤレンタルサーバーに独占インタビュー!
  • Zenlogicレンタルサーバー徹底解剖!プランの選び方から申込まで
  • 国内最安値!低価格×高機能なクイッカの秘密
  • GMOペパボのサービスを徹底検証
  • CMS機能完備!アルファメールでサイトをさらに簡単構築&運用!
  • CPIが選ばれる理由を徹底検証
お役立ち情報:比較編
お役立ち情報:初心者編
お役立ち情報:応用編
レンタルサーバー ブログ